TOPへ戻る

まつ育に効果的?まつげ美容液の代用にできるアイテムとは

まつげの成長をサポートしたり、まつげにハリやコシをもたせたりするうえで効果的な、まつげ美容液。実は私たちの身のまわりには、まつげ美容液の代用として使えるアイテムが沢山あります。ここでは、まつげ美容液の代用になるアイテムにはどのようなものがあるのか、それにはどのような効果があるのか、詳しくご紹介します。

まつげ美容液ってどういうものなの?

まつエクやつけまつげに頼らず「自まつげを育てて理想的な目元を手に入れよう」と考える女性が増加傾向にあることも影響して、注目が集まっているまつげ美容液。

まつげ美容液とはその名前の通り、まつげのケアに特化した美容液で、まつげやまぶたに使います。そしてまつげ美容液には、以下のような効果があると言われています。

・まつげの成長をサポートする
・まぶたの状態を整える
・まつげにハリ、コシを与える

よく似たアイテムに「まつげ育毛剤」がありますが、これは医療機関で処方されるもので、まつげを太く長くする効果が期待できる半面、色素沈着やまぶたの肌トラブルといった副作用が起こる可能性も指摘されています。この点、まつげ美容液はあくまでも化粧品の一種ですので、肌に合う・合わないという問題はあるものの、まつげ育毛剤のような副作用が起こることはまずありません。

まつげ美容液の代用品として使えるアイテムとは

私たちの身のまわりにあるものの中にも、まつげ美容液の代用として活用できるアイテムがあります。では、そのアイテムとは具体的にどのようなもので、それを使うことによってどのような効果が期待できるのでしょうか。

・緑茶の抗菌作用でまぶたのトラブルを防ぐ

生活習慣病や肥満を予防したり、血糖値の上昇を抑えたり…というように、様々な健康効果が期待できる緑茶。これらの効果は緑茶に含まれる「カテキン」という成分の作用によるものなのですが、実はこのカテキンには、優れた抗菌作用があることもわかっています。

そのためカテキンが多く含まれる緑茶を使ってまつげやまぶたのケアをすると、その抗菌作用によって様々な肌トラブルを防ぐ効果が期待できるのです。

まつげは、まぶたとその裏の境目から生えています。そのため理想的なまつげを育てるには、まぶたを健康に保たなければなりません。緑茶を使いまつげが成長する土壌となるまぶたを健康に保つことは、まつ育をするうえで大きな意味があるといえるでしょう。

・アロエの美肌作用で健康なまぶたを育てる

化粧水やハンドクリームなど、様々な化粧品の成分として用いられることもある、アロエ。アロエには、細胞の生まれ変わりの周期を整える作用があることがわかっています。

私たちの肌細胞は約28日周期で生まれ変わっているのですが、乾燥や加齢、紫外線による影響などにより、この周期が乱れてしまうことがあります。そして肌細胞の周期が乱れると、まぶた周りの肌がかたくなったりトラブルを起こしやすくなったりして、まつげの成長が阻害されてしまうことがあるのです。
この点、アロエを使ったケアをして肌の生まれ変わりの周期を整えれば、まぶたの肌を常にいい状態に保ち、まつげの成長をサポートする効果が期待できます。

アロエにはまた、肌細胞内のコラーゲン量を増やす作用があることもわかっています。コラーゲンは肌の潤いと弾力の元になる成分ですので、これを使ってまぶたやまつげのケアをすることも、まつ育をするうえで効果的だといえるでしょう。

アロエは、肌の外から塗っても食用として摂取しても、同様の効果が見込めます。ご自宅にアロエがある方は、内と外、両面からのケアに取り組んでみてはいかがでしょうか。

・オーガニックオイルもおすすめ

スキンケアやヘアケアに用いるオーガニックオイルも、まつげ美容液の代用品として活用できる場合があります。

例えば、オレイン酸やリノール酸が豊富に含まれるアルガンオイルには、優れた抗酸化作用やお肌を保護・再生する作用、肌細胞に栄養分を与える作用があることがわかっています。またオリーブオイルには、優れた保湿作用があります。

普段のケアにこういったオーガニックオイルを使っている方は、目元のケアにも取り入れてみてはいかがでしょうか。やり方はとても簡単で、洗顔後の清潔な目元に軽く塗るだけでOKです。

いつも使っているフェイスパックにオイルを1滴加えてみたり、スチーマーと併用して目元に水分を補給したり…。色々な使い方ができるのも、オーガニックオイルの魅力のひとつです。

・スキンケア用品を使ったまつげケアもおすすめ

毎日のスキンケアで使う化粧水や美容液も、まつげ美容液の代用品として活用することができます。

私たちは1日に約1万5千回もの瞬きをしており、目元の皮膚はとても乾燥しやすい状態にあります。そして目元の皮膚が乾燥すると、健康なまつげが育ちにくくなってしまいます。そこで洗顔をした後は、化粧水を使ってまぶたやその周辺をしっかり保湿しましょう。
お肌の保湿には「セラミド」が効果的ですので、この成分が配合されている化粧水を使うと、なおいいでしょう。

そして化粧水を塗った後は、フェイスクリームなど油分が含まれる化粧品を使い、「フタ」をすることをおすすめします。化粧水を塗ったままでは時間の経過とともに蒸散してしまい、再びお肌が乾燥してしまうのです。この点、クリームでフタをすれば水分の蒸散を防ぎ、潤いのある状態を長時間キープすることができます。

ちなみにまつげも乾燥すると切れたり傷んだりしやすくなりますので、しっかり保湿しておくことをおすすめします。

・保湿成分配合の目薬を使うのもおすすめ

まつげのケアには、目薬を使うのも効果的です。もちろん、目薬それ自体にまつげを伸ばしたり太くしたりする効果があるわけではありません。

ただ、目薬の中にはヒアルロン酸をはじめとする保湿成分や美容成分が配合されているものもあります。こういったものを使うことで、目のケアをすると同時にまつげの生え際に潤いを与え、健やかなまつげの成長を促進できる場合があるのです。

まつエクをしている方の中には「エクステが取れやすくなるから…」という理由で目薬の使用を控える方もいるようですが、まつげを育てるためには、目を健康に保つことも大切です。ドライアイの方など目の乾燥が気になる方は、保湿効果の高い目薬を使ってみてはいかがでしょうか。

代用品でまつげケアをする際に注意すべきポイント

ここまでご紹介してきたアイテムはどれも、お肌に嬉しい効果があるものばかりです。ただし、これらのアイテムをまぶたやまつげに使う場合は、いくつか注意しなければならないポイントがあります。

目元は皮膚が薄くちょっとしたことが原因で肌トラブル引き起こしてしまうため、細心の注意を払う必要があるのです。

・目に入らないように気を付けよう

緑茶やアロエ、オーガニックオイル、化粧品などを使って目元のケアをする際は、これが目に入らないよう気を付けましょう。これらのアイテムを目元に塗る際は、綿棒やコットンを使ってみてはいかがでしょうか。

そして、まぶたや目に違和感を覚えた場合は、直ちに使用を中止して眼科医などに相談することをおすすめします。
目はとても大切な器官ですので、わずかな違和感も見逃さないようにすることが大切です。

・代用品はあくまでも非常手段!目元には専用の化粧品を

まつげ美容液やアイクリームといった目元専用化粧品では、皮膚が薄い部分に使用してもトラブルを起こすことがないよう、安全性の高い成分を使ってつくられています。緑茶やアロエなど、私たちのまわりにはまつげ美容液の「代用」として使えるアイテムがありはしますが、これらはあくまでも非常手段であるととらえ、やはり、日頃のケアには目元専用化粧品を使うことをおすすめします。

ドラッグストアや量販店ならばリーズナブルな価格でまつげ美容液を購入することができますので、これまでこういったアイテムを使ったことがないという方は一度試してみてはいかがでしょうか。

健康なまつげを育てるためにも、そして、まぶたを健康に保つためにも、安全性に配慮したまつ育をすることをおすすめします。

私たちのまわりにはまつげ美容液の代用アイテムが沢山!

私たちのまわりには、まつげ美容液の代用として使えるアイテムが沢山あります。

・緑茶には優れた抗菌作用が、アロエには優れた美肌作用がある。
・オーガニックオイルや普段のスキンケアに使う化粧品も、まつげ美容液の代用になる。
・肌トラブル等を避けるためにも、まつげやまぶたのケアには目元専用の化粧品がおすすめ。

ここでご紹介したアイテムは、簡単に手に入れられるものばかりです。まずは、身近にあるアイテムを使った目元のケアにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。