TOPへ戻る

まつげ美容液にも使用期限がある!知らないと危険かも…

使いかけのまま放置してしまったり、買い置いたまま忘れてしまったりして、ついつい長い期間保管してしまいがちなまつげ美容液。いざ使おうと思っても、買ってから時間が経っていると、まだ使っても大丈夫なの?と心配になってしまいますね。

そこでここでは、まつげ美容液の「使用期限」についてまとめてみました。正しい保管方法も紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

まつげ美容液にも使用期限はある!

少量ずつ使うと、意外と長持ちするまつげ美容液。開封後、使いきる前に時間が経ってしまったり、ストックがなかなか消費されなかったりすることも多いものです。

しかし、まつげ美容液にもちゃんと「使用期限」があるため注意が必要。だいたいどのくらいの期間、安心して使えるのでしょうか。
未開封なら1~3年、開封後は3ヶ月ぐらいが目安
まつげ美容液の使用期限は以下が目安です。

・未開封:製造日から1年~3年程度
・開封後:開封してから3ヶ月程度

もちろん商品によって独自の使用期限が設定されている場合は、パッケージなどに記載されている使用期限内に使いきるようにしましょう。

とくに、1度開封してしまったまつげ美容液は、できるだけ早く使いきるのがベター。

パッケージを開けてしまうと「空気に触れた美容液が酸化する」「肌に触れたブラシから入った雑菌が液内で繁殖する」といった現象が起こります。そのため、開封済みのまつげ美容液の品質を長期間に渡って保ち続けることは難しいのです。

使用期限の記載がない製品があるのはなぜ?

市販されているまつげ美容液のなかには、パッケージのどこを見ても使用期限が記載されていないものも多くあります。

なぜ使用期限が書かれていないかというと、法的な表示義務がないから。使用期限の表示がない=いい加減な製品というわけではないので、安心してください。

日本では、医薬品医療機器等法(旧薬事法)という法律で化粧品に関するルールを定めています。
医薬品医療機器等法第61条では、「輸入後適切な保存条件のもとで、製造後3年以内に品質などが変化するおそれのある化粧品」以外には、使用期限を表示する義務がないと規定。つまり、使用期限が書かれていないまつげ美容液は、未開封のままきちんと保管されていれば、最低でも3年間は品質が保証されているということです。

使用期限を過ぎたまつげ美容液を使うとどうなる?

使用期限を過ぎてしまったまつげ美容液を使用すると、大きく2つの問題が起きる可能性があります。
(1)品質が劣化して効果が出ない可能性がある
1度開封したまつげ美容液は、空気に触れることで酸化が進み、品質が低下したり、変質したりしてしまいます。そのため、使用期限を超えたまつげ美容液を使用しても、想定された作用が得られない可能性があります。

それだけではなく、性質が変わってしまったことによって、思わぬ肌トラブルにつながるおそれもあるので、注意しましょう。とくに、色や匂いなどが開封直後とは明らかに違うと感じた場合には、使用を中止した方がよいでしょう。

また、成分が分離して、使用すること自体が難しくなってしまうこともあるので気をつけてください。

雑菌が繁殖して目や皮膚に悪影響が出ることも

同じまつげ美容液を長期間使い続けると、ブラシや液内で雑菌が繁殖する可能性があります。菌が繁殖した状態のまつげ美容液は、不衛生なだけではなく、目の病気を引き起こすこともあるため、大変危険です。

雑菌がたくさんいるまつげ美容液を目元に塗ると、菌は目や回りの毛穴、分泌腺などに入り込み、次のような症状を引き起こすことがあります。

・目や目の周りのかゆみ
・目ヤニ
・ものもらい(麦粒腫)
・結膜炎
など

まつげ美容液の使用期限を縮める?間違った保管方法に注意

まつげ美容液の使用期限は、未開封なら1~3年、開封済みでも3ヶ月程度だと説明しました。しかし実は、保管のしかたによっては、使用期限内であっても品質が落ちてしまったり、使用できない状態になってしまったりすることがあります。

保管方法のポイントを押さえて、まつげ美容液の品質をできるだけ長く保つ努力をしましょう。
保管は高温多湿・直射日光NG、清潔を保つのが基本
まつげ美容液を保管するときの基本ポイントは以下の2点です。

(1)高温多湿・直射日光を避ける
(2)清潔な状態を保つ

極端に高い気温や直射日光は、まつげ美容液の成分を変質させたり、液の分離を引き起こす可能性があるためNG。湿度が高い場所での保管は雑菌が繁殖しやすい環境を作ってしまうため、避けるべきです。

また、使用中のまつげ美容液の場合は、使ったあとに次のことに気を付けることで、雑菌が混入しにくくなります。

・必ずキャップをしっかりと締める
・締める前にキャップや容器の口についた液を拭き取る

冷蔵庫での保管は品質を落とす可能性が…

「化粧品は冷蔵庫で保管するとよい」と聞いて、実践している方もいるでしょう。しかし実は、まつげ美容液を冷蔵庫で保管するのはよくない場合もあるので注意しましょう。

まつげ美容液の成分などによっては、極端な低温や、温度変化によって品質が変わってしまう場合があります。そのため、庫内の温度が低く、出し入れによる温度変化が起こりやすい冷蔵庫での保管を推奨していないまつげ美容液も多いのです。基本的には室温での保存が望ましいでしょう。

ただし、製品によっては、保存上の必要性や、ひんやりした使用感を狙って、冷蔵庫での保存をすすめているものもあります。その場合は、製品の説明に従って保存してください。

冷蔵庫で保存する場合には、急激な温度変化が起きにくいドア裏への収納がおすすめ。冷蔵庫の中は清潔に保ち、まつげ美容液に雑菌がつくのを防ぎましょう。

まとめ

・まつげ美容液の使用期限は未使用:1~3年、開封済:3ヶ月程度が目安
・使用期限の記載がない場合、3年間は品質が保証されている
・使用期限を過ぎたまつげ美容液は効果が出ない、目元のトラブルにつながる可能性がある
・使用期限を縮めないために高温多湿を避け、清潔に保管する
・冷蔵庫保存上はNGの場合も

使用期限と品質を落とさない保管方法をしっかりチェックして、できるだけ長く、安全にまつげ美容液を使ってくださいね。