TOPへ戻る

まつげ美容液はマツエクの強い味方!選び方と使い方とは?

理想的なまつげを演出してくれるアイテムのひとつに、まつげエクステンション、いわゆるマツエクがあります。せっかくマツエクをつけたら、キレイに長持ちさせたいもの。マツエクをケアするための強い味方がまつげ美容液です。ここでは、マツエクのケアになぜまつげ美容液が必要なのかの理由や、最適なまつげ美容液の選び方、使い方を紹介します。

マツエクを長持ちさせるためにまつげ美容液は必須


マツエクを長持ちさせたいと思ったら、まつげ美容液をデイリーケアに取り入れるのがおすすめです。まつげ美容液の役割がどのようなもので、どうしてマツエクのケアに欠かすことができないのかをみていきましょう。

まつげ美容液の役割


まつげのケアに取り入れる人が増えているまつげ美容液。まつげ美容液がもつ役割は、主に2つあります。

(1)まつげをダメージから守り修復する
まつげは、乾燥や紫外線、外から加えられる力など、さまざまな刺激を受けています。まつげを外的なダメージから守り、ダメージを修復するのが、まつげ美容液のもつ大きな役割のひとつです。

(2)まつげの生育をサポートする
まつげは、毛根で作られてから生え、抜けるまでのサイクル(毛周期)を繰り返しています。まつげ美容液の成分が毛周期に働きかけ、毛根が新しいまつげを正常に作り出す力を強化してくれます。

まつげ美容液は、このような2つの働きによって、まつげを健やかに保ち、太く、長くしてくれる効果が期待できるものです。

 

マツエクのケアにまつげ美容液が必須な理由


マツエクは、もともと生えているまつげに1本1本装着するものです。そのため、マツエクをつけたまつげは、常に負荷がかかった状態になります。マツエクをつけてまぶたを上げるために必要な力は、1年間のトータルでは60kg程度のものを1cm持ち上げる力に相当するともいわれているのです。当然、まつげもノーダメージではいられません。マツエクによるダメージを早期に修復し、まつげを健やかに保つために有効なのが、まつげ美容液によるケアです。
また、まつげ美容液には、毛周期に作用して、まつげが抜けるのを遅らせる効果も期待できます。土台となるまつげが抜けにくくなれば、マツエクも長く装着した状態が保たれることになります。
さらに、土台となるまつげが強く本数が多いほど、マツエクをつけたときの仕上がりもよくなります。マツエクのケアだけでなく、つけたときの見栄えのためにも、まつげ美容液は大切なのです。

 

まつげ美容液とコーティング剤の違い


マツエクを長持ちさせるアイテムに、「コーティング剤」と呼ばれるものがあります。コーティング剤の役割は、マツエクを装着するための接着剤(グルー)を保護して汗や油から守り、マツエクを外れにくくすることです。
まつげ美容液と同じようにまぶたに塗布して使うものですが、まつげそのものをケアする美容液とは全く役割が違うことを、覚えておきましょう。

 

マツエクのために選ぶべきまつげ美容液の種類は?


まつげ美容液にはいくつかのタイプがあり、効果がそれぞれ違います。マツエクを愛用している人は、望む効果に合わせて美容液を選びましょう。次のようなものがおすすめです。
中見出し:コーティング・トリートメント効果がある美容液
まつげの表面に塗るタイプのまつげ美容液は、まつげを根本から毛先までコーティングして、ダメージをケア・修復してくれます。また、トリートメント作用でまつげにハリやコシがでるため、カールをキープする効果も期待できるでしょう。
まつげとマツエクの接着部分をコーティングすることで、マツエクの持ちもよくなります。

まつげの健やかな成長を助ける美容液

主にまつげの根元に塗布して使うタイプの美容液は、まつげを作り育てるために必要な栄養を与えたり、生えているまつげを抜けにくくしたりする効果があります。さらに、まつげの土台となるまぶたの環境も整え、まつげが健やかに生育することをサポートするので、マツエクの下地づくりにぴったりです。

マツエクを長持ちさせるまつげ美容液の塗り方は?

マツエクをつけたまつげを効果的にケアするためには、単に、まつげ美容液を取り入れるだけでは十分とはいえません。正しくまつげ美容液を使ってはじめて、期待した効果が得られるのです。まつげ美容液を使うタイミングや、使うときのポイントを知っておきましょう。
中見出し:塗るタイミングは夜がおすすめ
一般的なまつげ美容液は、朝晩の2回、もしくは夜に使用するタイプが主流。マツエクをキープするためには、特に、夜にしっかりとまつげ美容液を使ってケアをすることが重要だといわれています。なぜなら、まつげの成長がもっとも活発になるのは、成長ホルモンがさかんに分泌される夜、就寝してからの時間帯だからです。
まつげの生育をサポートするタイプのまつげ美容液を塗布してから眠りにつくことで、まつげの成長に必要な美容液の成分を効果的に作用させることができます。

洗顔後のキレイなまつげに塗る

まつげ美容液は、必ず洗顔をした後に使いましょう。
まつげやまぶたは、アイメイクなどの汚れやメイク落としなどの油分が残りやすい部分です。まつげ美容液は油分が残っているまつ毛に塗布しても、油分によって成分の浸透が妨げられてしまいます。栄養をしっかりと与えるためには、清潔な状態で美容液を使うことが、とても大切なのです。
また、不潔な肌やまつげに美容液のブラシが触れると、美容液の中で雑菌が繁殖する原因にもなって不衛生です。炎症などを引き起こすこともあるため、注意しましょう。

まつげの根元にしっかり塗る

まつげ美容液でマツエクを効果的にケアするために必要なのは、毛根まで十分に栄養分を届けることです。まつげ美容液は、まつげの生え際の根本の部分まで、しっかりと塗りましょう。細い筆タイプのまつげ美容液だと、目の際に液をつけやすく、便利です。

まとめ
マツエクを効果的にケアし、長くキープするためには、まつげ美容液は欠かせないアイテムです。

・自まつげの健康がマツエクの持ちや見栄えに影響する
・まつげを保護したり生育をサポートしたりするまつげ美容液はマツエクのケアに最適
・目的に合うまつげ美容液を正しく使うことが大切

まつげ美容液を効果的に取り入れて、マツエクを楽しみましょう!