TOPへ戻る

まつげ美容液を使うとふたえになる!?その真偽と目元ケアのポイントを解説

巷では、「まつげ美容液を使い続けることでふたえになった」という話をしばしば耳にします。それが本当ならば、まつげが育つうえふたえにもなって…とまさに一石二鳥ですよね。ではこの話、果たして本当なのでしょうか。ここでは、その真偽とおすすめの目元ケアのやり方について詳しくご紹介します。

 

まつげ美容液を使うとふたえになるってホント?

「まつげ美容液を使うことで、ふたえになる」という話を、聞いたことはありませんか?

まつげ美容液は本来、まつげを保護したり、まつげやその生え際に栄養分を与えたりするためのものです。こういったまつげ美容液の役割から考えると、これを使うことでふたえになるなんて、思えませんよね。

しかし、まつげ美容液を使っている方の中には、使い続けるうちに二重になってきた、という方がいるようなのです。

 

まつげ美容液+マッサージでふたえになることがある

まつげ美容液を使うことでふたえになる理由としてはまず、まぶたの浮腫みが改善された、ということが考えられます。

まつげ美容液を塗った後にまぶたのマッサージをする方がいますが、適切なマッサージをしていると、まぶたのリンパの流れが良くなり、浮腫みが改善されます。すると浮腫みによって厚くなっていたまぶたが薄くなり、ふたえになるケースがあるのです。

 

まつ毛が太くなったことでふたえになるケースもある

まつげ美容液を使うことでふたえになる理由としては、まつげが太くなった影響によるもの、という説もあります。まつげ美容液を使うことでまつげが成長して太くなり、その重みが増したことでふたえになったのではないか、と考えられているのです。

 

まつげ美容液は、まつげを育てるためのもの

上述のように、まつげ美容液は、使い続けることによってふたえになることがあります。しかし、それはあくまでもレアケースですし、そもそもまつげ美容液は、ふたえになるためではなく「まつげを育てるため」に使うものです。

近年は「ふたえ美容液」が販売されていますが、これはまぶたにふたえのクセをつけ、これによってふたえのラインを作っていこうとするもので、まつげ美容液とは担っている役割も効果も異なります。

また、まぶたの皮膚はとても薄いため、間違ったマッサージをしたり目元をゴシゴシこすったりしていると、色素沈着などを起こしたり、まぶたにシワができたりすることもあります。まつげ美容液はあくまでも「まつげを育てるものである」と理解し、正しく使用することが大切です。

 

美しい目元の条件はロングまつげ?

皆様は「美しい目元」について考えるとき、最初に何を思い浮かべますか?ふたえでしょうか、あるいは、長くて太いまつげでしょうか。

ひとえに悩んでいる方やまぶたにコンプレックスがある方は「美しい目元=ふたえ」と考えがちですが、あながちそうとも言い切れません。

 

世の男性はふたえよりもまつげに注目している!

まつげ美容液を販売しているメーカーが男性500人を対象に行ったアンケートによると、約68%の男性が、女性の顔のパーツの中でも「目」に注目している、ということがわかりました。

そこで気になってくるのが、「目」の中でも特にどの部分を重視するのか、ということです。そこで、(1)ふたえ×短いまつげ、(2)ひとえ×長いまつげ、のどちらが好みか、という質問をしたところ、約64%の男性が「ひとえ×長いまつげ」と回答しました。

そう、美しい目元であるためには「ひとえなのかふたえなのか」ということだけでなく、「いかに長くてボリュームのあるまつげになれるか」ということも重要になってくるのです。

 

理想的なのは、長くて綺麗な「自まつげ」

まつげを長くするには、ボリュームアップ効果のあるマスカラを塗ったり、まつげエクステをつけたり、つけまつげを使ったり…というような方法もあります。しかし、先述のアンケートにおいて「盛りまつげ」と「自まつげ」のどちらが好みか質問すると、約87%の男性が「自まつげが好み」だと答えています。

 

まつげ美容液をつかった「まつ育」で理想の目元を手に入れる

上記のアンケート結果を踏まえて「美しい目元」について考えると、まず必要なのはロングまつげであること、そして、まつげエクステなどに頼るのではなく自まつげを育てて長くすることが大切であること、という2点がみえてきます。

長いまつげには目を大きくみせる効果がある

実は、長いまつげには、実際よりも目を大きく認識させる効果があることがわかっています。

皆様は、「ミュラー・リヤ錯視」という言葉を聞いたことがありますか?これは、実際の長さは同じでも、その線の両端についている矢印の向きによって線の長さが変わって見える、という現象のことをいいます。

そして、このミュラー・リヤ錯視ですが、まつげと目でも、同様の現象を起こすことができるのです。まつげを長くハッキリとしたものにすることで、これと隣接する目を大きいように錯覚させられるわけですね。

 

まつげ美容液+マッサージでまつげとまぶたのWケア

長いまつげは、目元を綺麗にみせるうえでも、目を大きくみせるうえでも非常に重要なポイントです。

まつげ美容液には自まつげの成長をサポートする効果が期待できますので、こういったアイテムも活用しながら、日々のまつ育に取り組みましょう。

 

ちなみにまつげ美容液を使うときですが、マッサージをプラスしてまぶたのケアをするのもおすすめです。

 

まぶたマッサージのやり方

(1)指の腹を目の周りにある骨に沿わせるような感じで、目頭からこめかみの方向に優しく滑らせる(上下のまぶた)。

(2)眉毛が生え始めている部分の下(眉間側)、目頭の下、目頭と目尻の中心部の下(下まぶたのやや下)、の3点を軽く押さえる。

(3)もう一度(1)のマッサージを行い、こめかみを軽く押して仕上げる。

 

上述のように、まぶたマッサージには、まぶたの浮腫みを改善する効果が期待できます。また、まつげ美容液の中には、まぶたの血行や浮腫みの改善をサポートする成分が含まれているものもあります。

まつげ美容液とマッサージのWケアを続けていると、長いまつげとふたえの両方を手に入れることも夢ではないかもしれません。

 

正しいまつげケアで魅力たっぷりの目元に!

・まつげ美容液とマッサージをすることで、まぶたの浮腫みが解消され、ふたえになることがある。

・まつげ美容液によってまつげが太くなり、これによってふたえになる可能性がある。

・長いまつげには、目を大きくみせる効果がある。

・まつげ美容液とマッサージによるケアは、まつげを育て理想的な目元を手に入れるうえで、有効である。

 

まつげケア・まつ育には、目元を美しくみせる効果が期待できます。皆様も早速、まつげ美容液を使った目元ケアを始めてみませんか?