TOPへ戻る

まつげに白い毛が!考えられる原因と効果的な対策とは?

まつげをよく観察すると、白い毛が生えていたり、白いものが付いていたりすることがあります。中には、「なぜまつげに白いものが…?」と不安になる方もいらっしゃるでしょう。そもそも、まつげが白くなるのはどうしてなのでしょうか。原因、そしておすすめの対策方法について解説します。

まつげも髪の毛と同じように白髪になることがある!

まつげも、白髪になる可能性があることを知っていますか?生えている場所や本数、長さが異なるためピンときにくいかもしれませんが、まつげは髪の毛と同じ「体毛」の一種で、その基本的な構造に大きな違いはありません。

そのため髪の毛と同じように、まつげも白髪になってしまうことがあるのです 。では、私たちの体から生えている体毛は、どのようなメカニズムで白髪になるのでしょうか。

白髪ができるメカニズムとは?

私たちの体毛は、毛根部にある「毛母細胞」が何度も分裂することで少しずつ成長します。ただし、作られて間もない体毛には色がありません。毛母細胞内にある「メラノサイト」という色素細胞の作用によって、黒い色素が少しずつ定着していくのです。

ところが、まつげが成長する過程において、この色素が定着しないことがあります。「色素が定着しない」ということは体毛が黒くならないということですので、結果、まつげが「白髪」になってしまうのです 。

まつげが白くなるのはなぜ?

考えられる原因とは 黒い色素が定着せず、白髪になってしまうことがあるまつげ。では、メラノサイトが正常に作用せず白いまつげが生えてくるのは、どういった要因によるのでしょうか。ここではまず、まつげが白くなる原因についてみていきましょう。

目元の血行不良によってまつげが白髪になることが!

まつげの「もと」である毛母細胞は、すぐ近くにある毛細血管内の栄養分を吸収して活動しています。そのため目元の血行が悪くなると、まつげの毛母細胞に送られる栄養分が不足します。するとその影響によって毛母細胞内にあるメラノサイトが正常に作用せず、黒い色素が定着しないまま「白髪」として成長してしまうことがあるのです。

目元の血行が悪くなる要因は様々ですが、近年指摘されることが多くなっているのが「眼精疲労」です。現代人はパソコンやスマートフォンの画面を見る時間が長く、眼精疲労に悩まされる方が少なくありません。 そして眼精疲労状態が続くと、目元の血流が悪化してしまうのです 。

また、女性には月経や妊娠、出産、閉経など貧血になりやすい時期があります。貧血になるということは毛細血管内を流れる血液の量、ひいては栄養分が不足するということでもありますので、結果的にまつげが白髪になりやすくなることがあるようです 。

栄養不足が原因になることもある!

まつげの白髪は、栄養不足が原因で発生することもあります。

上述のようにまつげは、毛細血管内を流れる栄養分を「エネルギー源」として成長します。そのため体内の栄養分が不足すると、毛母細胞がエネルギー不足状態に陥りまつげが正常に成長できなくなってしまいます。 するとその影響によってメラノサイトの色素生成機能が低下し、白いまつげが生えることがあるのです。

まつげが栄養不足状態に陥る原因の多くは、食生活にあります。毛細血管内を流れる栄養分は食べ物や飲み物など口から取り入れたものから作られますので、栄養バランスの偏った食事を続けていると、まつげが成長するうえで必要なエネルギーが不足してしまう可能性があるのです。

また、過度の食事制限をしたり、炭水化物や肉類など特定の食材を一切食べなかったり…といった無理なダイエットも、まつげの栄養不足の原因になってしまいます。

ストレスもまつげ白髪の原因に!

大きな悩みを抱えていたり、環境が変化したり…といったときに白いまつげが生えてきた場合、それはストレスが原因になっているのかもしれません。

上では「血行不良が白髪の原因になる」と解説しましたが、人は過度のストレスを感じると、血行が悪くなります。そして血行が悪くなると、色素生成細胞であるメラノサイトの機能も低下します。するとその影響によってまつげに黒色色素がうまく定着せず、白髪になってしまうことがあるのです 。

老化によってまつ毛が白くなることはある?

白髪の原因について考えてみたとき、最初に思いつくのが「老化」ですよね。髪の毛について考えてみた場合、やはり加齢に伴い白髪が増える人が多いように思えます。 では、まつ毛も髪の毛と同じように、「老化現象」によって白髪が増えてしまうのでしょうか。

実はまつげは、体毛の中でも特に色素の多い毛であることがわかっています。そのため一般的には、年齢を重ねても白髪になりにくい傾向にあります。もちろん、毛母細胞自体は他の細胞と同じように老化するため、まつげが育ちにくくなったり、抜けやすくなったりすることはあります。しかし「色」に関していうと、老化それ自体が原因で変化することは少ないようです。

白いまつげが気になる場合におすすめの対策

まつげは顔の中でも特に目立つ部分に生えているため、たとえ1本でも白い毛が混じっていると、気になってしまいますよね。では、まつげの白髪を防ぐにはどのような対策が効果的なのでしょうか。また、生えてしまったまつげの白髪をカバーするには、どうすればいいのでしょうか。

目元の血行を改善して白髪が生えにくい環境づくりを

上述のように目元の血行不良は、白髪まつげの原因になることがあります。そこでまずは目元の血行を改善し、白髪が生えにくい環境づくりに取り組んでみてはいかがでしょうか。 目元の血行不良は眼精疲労などによって引き起こされますので、以下のような対策をおすすめします。

・パソコンやスマートフォンを利用する際は、こまめに休憩して目を休ませる

・目元のマッサージをする

・ホットタオルなどを使い、目元を温める

女性の場合、月経・妊娠・出産・閉経など体内の血液不足によって血行が悪くなることもあります。そのため日々の食事では、鉄分を豊富に含む食材を積極的に摂取することをおすすめします。また、鉄分は吸収効率の悪い栄養素ですので、その吸収力を高める作用があるリンゴ酸やビタミンCも同時に摂取するといいでしょう。

生活習慣も見直してみよう

まつげの白髪を防ぐには、生活習慣の改善にも取り組みましょう。中でも注意したいのが「食生活」で、毛母細胞の原料になるタンパク質と、メラノサイトが正常に機能し黒い色素を生成するために必要なミネラルを、しっかり摂取することが大切です。

また、ストレスも白髪の原因になることがありますので、気分転換をしてストレスをため込まないようにしたり、適度な運動をしたり、十分な睡眠を取ったりすることも忘れないようにしましょう。ビタミンCはストレス緩和に効果的であることがわかっていますので、食事やサプリメントで補給するのもおすすめです。

まつげカラーをするのもおすすめ!

まつげが白くなってしまった場合、「まつげカラー」を検討してみてはいかがでしょうか。これは、ヘアカラーをするのと同じようにまつげをカラーリングする施術のことで、これにより、気になる白髪をカバーして黒々としたまつ毛を手に入れられます 。

まつげへのダメージが気になる方や、外出時だけ白髪をカバーしたい方は、マスカラを利用してもいいでしょう。

まつエクが原因でまつ毛が白く見えることもある

まつげが白髪になっていないにもかかわらず、その根元部分が白くなっている場合、まつエクが原因になっている可能性が考えられます。まつエクの施術では専用のグルーを使って人工まつげを接着するのですが、施術方法や課程に問題があると、グルーが白く変色することがあるのです 。

まつエクのグルーが変色する原因とは?

まつエクの施術に使うグルーは、水分と接触して分離することで白く変色します。そして、グルーが水分と接触する原因としては、以下のような可能性が考えられます。

・施術前のまつげ専用に使った前処理液を完全に乾燥させないまま、施術を開始した

・施術に使用したグルーの揮発成分が目に入り、涙が出た

・まつエクの施術者が、グルーを多くつけすぎている

・サロンの湿度管理や温度管理が不十分で、グルーの乾燥速度が遅くなってしまった

サロン選びとアフターケアに注意が必要

まつエクの施術を受ける際は、信頼できるサロンを選ぶことが大切です。サロン選びをする際はHPや口コミをチェックするといいでしょう。最近は目に刺激を感じる成分「ホルムアルデヒド」の含有量が少ないグルーを使っているサロンもありますので、過去の施術で涙が沢山出た経験のある方は、こういったサロンに変えてみるのもひとつの方法です。

そしてまつエクを良い状態に保つには、施術後のアフターケアも大切です。具体的には、以下のような点に注意しましょう。

・施術後、グルーが完全に乾燥するまでは目元を濡らさないようにする(一般的には24時間)

・施術当日は、プールやサウナ、ジム、顔にスチームをあてるエステなどを控える

・グルーの劣化や変質を避けるため、オイルクレンジングをしない

・目元を強くこすらない

白く変色したグルーを放置していると、皮膚炎や角膜炎を引き起こしてしまうリスクがあります。まつげの根元が白くなっているのを見つけた場合は、できるだけ早くリペアしてもらうことをおすすめします。

食生活の見直しと適切なケアで白いまつげにさようなら!

白いまつげは、様々な原因によって引き起こされます。

・目元の血行不良や栄養不足、ストレスは、白髪まつげの原因になる

・白髪まつげを防ぐには、栄養バランスの整った食事をしたり、ストレスをためないようにしたりすることが大切である

・まつエクのグルーが変色することでまつげが白く見えることもある

白髪まつげは、生活習慣や血行を改善することで、ある程度予防することができます。白髪を生やさずいつまでも美しいまつげを維持するためにも、できることから始めてみませんか?