TOPへ戻る

一重まぶたでまつげが下向き…理想の目元に近づく方法は?

一重の涼しげな目元は、二重に負けず劣らず魅力的。

しかし、「まつげにカールが付きづらい」「目元にもっと華やかさが欲しい」「まつげが下向きすぎて目に違和感が…」など、悩みを持つ一重まぶたさんも多いでしょう。

そこでここでは、一重まぶたでまつげが下向きに生えている方の悩みを解消して、理想の目元に近づくための方法を、3つの章に分けて紹介します。
一重の目元を魅力的にみせるまつげメイク術
目元の印象を手軽に変えられるのが、目元のメイクです。一重まぶたや下向きまつげがコンプレックスの目元は、ビューラーの活用や特徴を生かすメイク方法で、印象アップを目指しましょう。

一重でもビューラーで上手にまつげを上げるコツ

下向きまつげを上向きにカールさせるアイテムといえば、ビューラー。一重まぶたで、ビューラーを使ってもまつげを上手く上がらない!という方は、次のコツを試してみてください。

コツ1:まぶたを片手で持ち上げながら上げる

一重まぶたで埋もれがちなまつげに理想的なカールをつけるためには、まず、根元からぐっと垂直にまつげを上げることが大事。根元が奥まっていて挟みにくい場合は、まぶたを空いている手で持ち上げてあげると、プレートを当てやすくなります。

また、プレートが一般的なビューラーよりも幅広で、ぐっとまぶたを押し込んでまつげの根元を露出させる「一重用ビューラー」を取り入れるのもおすすめ。

コツ2:部分用ビューラーを活用する

全体を一度に上げるのが難しい場合には、部分用ビューラーで数回に分けて上げると上手くいきやすくなります。

また、まつげ全体を上げたあと、目尻部分だけ部分用ビューラーでカールを付けると、一重を引き立てるきれいなカールに。

下向きまつげを生かす「すだれまつげ」

「すだれまつげ」とは、下向きまつげに長さをプラスすることで、女性らしいしっとりとした色気を演出したまつげ。ビューラーを使わないので、カールの付き方や持ちに悩む必要がありません。

まつげが落とす影の効果で、黒目がちに見せてくれるというメリットも。一重で切れ長な目元にもぴったりマッチします。

それでは、すだれまつげの作り方を見ていきましょう。

《手順》
1.ロングタイプまたはセパレートタイプのマスカラを準備する

2.マスカラが乗りやすいように、コームでまつげをきれいにとかす

3.マスカラブラシでまつげを軽く持ち上げて、すっと伸ばすようにひと塗りする

4.根元から毛先に向けてすべらせるようにもう1度塗る

5.コームで整える

まつげのハリ・ツヤも大切!まつげ美容液でケアしよう

目元の印象を上げるためには、地まつげの状態も大切です。長くて量が多いまつげは目元をはっきり見せてくれますし、まつげにハリやコシがあればカールのキープ力も上がります。

地まつげを健やかに整えて、量や長さのアップに貢献してくれるのが、まつげ美容液。毎日のスキンケアにまつげ美容液を使った目元のケアもプラスして、健康なまつげを目指しましょう。

アイメイクアイテムのなかには、まつげ自体のカールキープ力を上げてくれる、マスカラ下地として使える美容液や、美容液成分が配合されたアイライナーなどのアイテムも。まつげのケアができる製品を上手に取り入れて、理想的なまつげを育ててあげましょう。

まつげパーマやまつげエクステを活用するのもおすすめ

毎日、まつげの仕上がりに一喜一憂するのは面倒!という場合は、まつげパーマやまつげエクステを活用するのがおすすめです。

1度施術を受ければ、効果がなくなるまで理想の上向きまつげがキープされるので、毎朝ビューラーやマスカラと格闘しなくてもよくなります。

まつげパーマで一重まぶたに似合うカールを手に入れる

まつげパーマとは、専用の薬液やロッドを使って、髪の毛のパーマと同じようにまつげにカールを付ける方法です。

1度カールを付けると数週間~2ヶ月ほど持つのが一般的で、水や汗などの湿気でもカールが緩まないため、下向きまつげに悩む方の強い味方になってくれますよ。

まつげパーマのもう1つの良いところは、使うロッドの形によって、カールの角度を調整できる点。丸みを持ったカールだけでなく、根元からぐっと上向きに立ち上げることもできるので、一重まぶたの目元も、大きく華やかに見せることができます。

まつげエクステなら長さも量も自由自在

まつげエクステとは、接着剤(グルー)を使って、地まつげに人工のまつげを1本ずつ貼り付ける技術のことです。

さまざまなカールや太さ、本数のエクステを使い分けることで、希望するイメージに合わせてまつげをデザインできるのが特徴。下向きのまつげを根元から立ち上げながらエクステをつける技術などもあり、さまざまな目元の悩みに対応することが可能です。

1度施術すると数週間もち、その間はビューラーやマスカラでまつげをカールさせる必要がありません。

眼球に当たる下向きまつげは「逆まつげ」の可能性も

下向きのまつげが目の中に入ってゴロゴロしたり、目ヤニが出たりするような場合は、いわゆる「逆まつげ」の可能性もあります。

逆まつげを引き起こす原因のひとつ「眼瞼内反症(がんけんないはんしょう)」は、まぶたが一重で腫れぼったい人によくみられるもの。厚いまぶたの皮膚が内側を向いてしまうことで、上まつげに下向きの角度がついてしまう症状が出ることがあります。

まつげの先が眼球に当たって違和感が生じたり角膜に傷がついたりするため、症状がひどい場合には、眼科での治療が必要です。

http://www.konno-eye.com/contents/shinryou/gankennaihan.html
http://www.fujitaec.or.jp/ophthalmology/ganken/

逆まつげ(眼瞼内反症)は手術で治せる
眼瞼内反症は、自然に症状が治まる場合もあります。もしも症状が続く場合には、外科的な手術で治療することが可能です。

眼瞼内反症の手術には皮膚を切開する方法としない方法があり、原因などに応じてどちらかが選択されます。どちらの方法でも傷跡は目立たない場合がほとんどで、目の形が変わることもないとされています。

逆まつげの手術をすると一重→二重も可能

眼瞼内反症の手術のうち皮膚を切らない方は「埋没法」と呼ばれ、美容外科などで行われる二重手術の“プチ整形”と同じ方法です。

上まぶたを引き上げるように糸で数ヶ所縫い留める手術なので、施術後には、まぶたが二重になります(早めの抜糸で戻すこともできるようです)。

もちろん、治療の副産物としての二重なので、美容整形のように思いどおりの幅の二重を手に入れるというわけにはいきません。ですが、逆まつげが解消されて、まぶたも二重になるのですから、一石二鳥と考えることもできそうですね。

まとめ

・一重まぶたや下向きまつげの悩みは、メイクやケアのポイントを押さえて軽減
・毎日まつげの仕上がりで悩むのがイヤなら、まつげパーマやまつげエクステを活用する方法も
・一重の人に多い「逆まつげ」は眼科で治療した方がよい場合も

一重まぶたや下向きまつげでも、理想の目元に近づけることは可能。ポイントを押さえて、目元のお悩みを軽くしてくださいね!