TOPへ戻る

まつ毛が長い男性もいるのはなぜ?体毛の長さを決める要因とまつ育の関係

イラストなどでは女性の象徴として描かれることが多い、長いまつ毛。しかし、実際には、フサフサと長いまつ毛が魅力的な男性もたくさんいます。まつ毛の長さを左右するのは、性別ではないのでしょうか?ここでは、まつ毛を含む体毛の量や長さを決める要因についてご説明します。

 

体毛の生え方には遺伝やホルモンが関係する

 

女性でも体毛が濃い人がいたり、男性でもまつ毛が長かったりと、体に生える毛の量や長さは、性別だけに左右されるわけではありません。

 

体毛の生え方を決める要因の まつ毛については長いまつ毛の方が遺伝しやすい(優性遺伝)ため、両親のどちらかのまつ毛が長ければ、子どもも長いまつ毛が生えやすくなります。

 

しかし、体毛の生え方を左右する要素は遺伝だけではありません。部位にもよりますが、性ホルモンにも大きく左右されることがわかっています。

 

体毛と性ホルモン

 

「体毛が濃い人は男性ホルモンが多い」とはよく聞かれるウワサですが、これは、ある部分では正解です。体毛には、性ホルモンの影響を受けやすいものと受けにくいものがあり、それぞれ「性毛」、「無性毛」と呼びます。

まつ毛は性ホルモンの影響を受けない

 

体毛が濃い=男性ホルモンが多い説を耳にして、まつ毛を生やすには男性ホルモンを増やせばいい!?と思った方もいるかもしれませんね。しかし、残念ながら、まつ毛は、性ホルモンの影響を受けない無性毛に分類される体毛です。つまり、まつ毛が長い男性も、特別に男性ホルモンが多いから長いというわけではないのです。男性ホルモンを増やす努力をしても、まつ毛への影響はあまり望めないでしょう。

 

また、同じように女性ホルモンも、まつ毛にはあまり影響しないと考えられます。ただし、女性ホルモンのバランスが急激に変化する出産後にまつ毛が一気に抜ける事例はあります。このことから、頭髪を維持する働きがある女性ホルモン「エストロゲン」とまつ毛には何らかの関連性があるのではないかと考える専門科もいるようです。

 

“まつ育”に男女差はない

まつ毛の量や長さに、性別はあまり関係ありません。男性用女性用が明確に分けられていることが多い頭髪の育毛剤に対し、性別が指定されたまつ毛美容液がないのも、その点が理由のひとつでしょう。

なかには男性用をうたったまつ毛美容液もありますが、保湿剤やトリートメント成分が主で、特別な成分が配合されているわけではないようです。

 

まつ毛の長さや濃さが気になる場合は、男性、女性にかかわらず、生活習慣やまつ毛そのものの生育環境に着目した、いわゆる“まつ育”を行うのが、正しい対処法だといえるでしょう。

 

まとめ

 

・体毛の生え方は遺伝や性ホルモンに影響される

・まつ毛は性ホルモンの影響を受けにくい無性毛

・まつ毛は無性毛であるためまつ育の方法に男性・女性は関係ない

 

男性の長いまつ毛は、遺伝による可能性はありますが、男性ホルモンや女性ホルモンの量はあまり関係ないことがわかりました。まつ毛の量や長さが気になるときには、男性女性ともに、まずはまつ毛の環境や生活習慣から改善することを考えましょう。