TOPへ戻る

まつげ美容液で失明するってホント?安全に使うにはどうすればいい?

まつげを長くボリューミーにするには、マスカラを塗ったり、つけまつげをしたり、まつげエクステをしたり、というように様々な方法があります。ただまつげ自体を太く長くして、こういった手段に頼らなくてもいいようにしたいところですよね。そこで「まつげ美容液」を使ってみようか、ということになるわけですが、ここで気になることのひとつに副作用があげられます。実際、インターネットでまつげ美容液について検索してみると、失明、という怖いフレーズが出てきます。では、まつげ美容液にはどんな副作用があるのでしょうか。また、まつげ美容液を安全に使うにはどうすればいいのでしょうか。

 

まつげ美容液ってどういうもの?失明するってホント?

まつげ美容液は、マスカラやつけまつげのように「一時的」にではなく、まつげやその毛根に栄養分を与えたり、まつげを保護したりし、まつげ自体をしっかりしたものにするためのものです。最近は「まつ育」という言葉が浸透していることもあり、まつげ美容液に関心をもつ女性が増加傾向にあります。

ただ、まつげ美容液を使うにあたって気になるのが、「副作用」についてです。現在市販されているまつげ美容液の多くは、まつげだけでなくまつげの生え際にも塗布するのが一般的です。

そうすると、「目にまつげ美容液の成分が入っても大丈夫なのだろうか」「まつげ美容液の副作用で失明してしまったらどうしよう」といったように、いろいろな不安が出てくることがあるかもしれません。

 

まつげ美容液とまつげ育毛剤の違いとは

まつげ美容液と混同されやすいものに、まつげ育毛剤があります。まつげ美容液の副作用について見ていく前に、まずは両者の違いについて簡単にふれておきましょう。

 

まず、まつげ美容液についてですが、まつげに栄養分を与えたり、保湿・保護したりすることを目的としてつくられたものです。ヘアケアでいうところの、トリートメントをイメージしていただくとわかりやすいでしょうか。

まつげ美容液は化粧品であるため、ドラッグストアやネットショップなどで市販されています。

 

これに対してまつげ育毛剤は、まつげを太く長く育てるのはもちろん、まつげの発毛を促すことを目的としてつくられたものです。まつげ育毛剤の多くは緑内障の治療薬として使われているもので、その副作用を応用してまつげの発毛・成長を促していくのです。

そしてこれはあくまで「治療薬」になりますので、手に入れるためには医師に処方してもらわなければなりません。

 

美容クリニックや皮膚科などの医療機関ではまつげ育毛剤を「まつげ美容液」と表現しているところもありますが、厳密には上記のように区別されています。

 

噂されている副作用の多くはまつげ育毛剤に関するもの

では、まつげ美容液・まつげ育毛剤にはどのような副作用があるのでしょうか。

 

・まぶたの皮膚が薄くなる

・眼瞼下垂のような状態になる

・色素沈着を起こす可能性がある

・下まぶたに使うと、色素沈着を起こしてクマのように見えることがある

 

多くの方が懸念されている「失明」についてですが、医療機関で処方されたまつげ育毛剤を、用法・用量を守って正しく使用する限り、失明したという報告はないようです。

 

まつげ美容液で失明することはまずない

では、まつげ美容液の副作用で失明してしまうことはあるのでしょうか。

 

日本では薬事法によって、「美化を目的として体に塗る」ものは全て、「化粧品」に分類されます。そして化粧品として商品を販売するためには、厚生労働省が定める化粧品基準を満たさなければなりません。この化粧品基準には配合してはいけない成分、配合量に制限がある成分などについて詳しく定められています。

 

市販されているまつげ美容液は「化粧品」に分類されるのが一般的ですが、化粧品として販売されているということは、化粧品基準を満たしているということになります。

 

そのため、商品の使用説明に従って正しく使用している限り、まつげ美容液を使うことで失明するようなことは、まずないと考えていいでしょう。

 

まつげ美容液で失明することはなくても、副作用はある?

ここまでの考察により、「まつげ美容液が原因で失明することはまずない」ということについてはわかりました。しかし、まつげ美容液に関して懸念される副作用は、失明だけではありません。

では、まつげ美容液を使うことで起こり得る副作用には、どういったものがあるのでしょうか。

 

まつげ美容液による副作用

まつげ美容液によって起こり得る副作用としては、以下のような症状が挙げられます。

・肌の赤みや腫れ

・かゆみ

・ピリピリとした刺激感

・色素沈着(黒ずみなど)

・肌の色抜け(白斑など)

 

これらはあくまで可能性の話であり、まつげ美容液を使ったからといって、必ずこのような症状が現れるわけでもありません。症状の現れ方には個人差がありますので、まつげ美容液を使用するなかで何らかの違和感を覚えた場合は、使用を中止した上で医療機関に相談してみることをおすすめします。

 

アレルギーが原因で副作用が起こる可能性がある

まつげ美容液の中には、肌が弱い方や敏感肌の方でも使いやすいような、天然由来の成分をメインに使っているものが多くあります。植物エキスが配合されている、と聞くとそれだけで安心して使えそうな気もしますが、副作用が起こる可能性が全くないのかというと、そんなことはありません。

 

例えば、あなたが植物に対するアレルギーを持っている場合、その植物のエキスが配合されたまつげ美容液を使うことでアレルギー反応が出てしまう可能性があります。

 

また、まつげ美容液の中には、防腐剤やオイル、シリコン、アルコール、界面活性剤、合成着色料、合成香料などを使っていないことを謳うものも多くあります。もちろんこれ自体はとてもいいことなのですが、だからといって副作用の心配がないわけではありません。

 

脅すわけではありませんが、まぶたは他の部分よりも皮膚が薄く、特に肌が弱い方・敏感肌の方の場合、ちょっとした刺激によって肌に異変が起こる可能性があります。そのため、安全性が謳われているまつげ美容液であっても、使用する中で肌に変化を感じた場合は使用を中止し、医師の診察を受けるようにしましょう。

 

失明回避!まつげ美容液の安全な使い方とは

失明する心配こそないものの、様々な副作用が起こる可能性がある、まつげ美容液。では、副作用のリスクを回避するにはどうすればいいのでしょうか。ここからは、まつげ美容液の安全な使い方について詳しく見ていきましょう。

 

一般的なまつげ美容液の安全な使い方

まつげ美容液は、以下の手順で使用します。

(1)洗顔をして、まぶたとまつげを清潔な状態にする。

(2)まつげ美容液を適量取り、まつげの根元部分やまぶた(まつげの生え際)にしっかり塗る。

(3)下まつげにも、同じ要領でまつげ美容液を塗る。

 

まつげ美容液はあくまでも、まつげとまぶたに塗るためのものです。そのためまつげ美容液を塗るときは、目の中に入ってしまわないよう細心の注意を払いましょう。また、もしも目に入ってしまった場合はすぐに洗浄し、目に違和感がある場合は医療機関に相談することをおすすめします。

ちなみにまつげ美容液の使用頻度ですが、商品によって1日1回でいいものもあれば、1日2回の塗布を推奨しているものもあります。まつげ美容液は、塗れば塗るほど高い効果が得られる、というものではありませんので、商品の使用説明に従って適正な分量・頻度で使用することが大切です。

 

まつげ美容液を選ぶときのチェックポイント

まつげ美容液を安全に使うには、商品を選びの段階でいくつかのポイントをチェックしておくことをおすすめします。

化粧品登録されているか

上述のようにまつげ美容液は、薬事法上「化粧品」に分類されています。そして、化粧品として販売するためには、一定の基準をクリアして化粧品登録をしなければなりません。

現在市販されているまつげ美容液はほぼ化粧品登録されていますが、ネット上で個人が販売しているものや、海外サイトで販売されているようなものの中には、化粧品基準を満たさないものが存在する可能性があります。そのため、まつげ美容液を購入する際は、その商品が化粧品登録されているかどうかについて、一応確認しておくようにしましょう。

刺激性の高い成分が配合されていないか

まつげ美容液に配合される成分の中には、シリコンや界面活性剤、オイル、防腐剤、合成着色料、合成香料など、肌に刺激を与える可能性があるものもあります。そして、肌が弱い方や敏感肌の方がこういった刺激性の強いまつげ美容液を使うと、思わぬ肌トラブルを引き起こしてしまうかもしれません。

そのため、まつげ美容液を選ぶときは、その商品にどのような成分が配合されているのか、そして、刺激性の高い成分は配合されていないか、慎重に確認することをおすすめします。

アレルゲンとなる成分が配合されていないか

まつげ美容液には、植物由来の成分が配合されていることがあります。そして、アレルギー体質の方がそういった商品を使用すると、アレルギー反応が出る可能性があるのです。

そのため、アレルギーをお持ちの方がまつげ美容液を使う場合は、配合成分について確認するのはもちろん、その商品を使っても問題ないかどうか、主治医に確認しておくことをおすすめします。

 

個人輸入商品の使用はなるべく控えよう

近年、インターネット上を中心に、まつげ美容液やまつげ育毛剤の個人輸入代行サービスを提供している業者が増加しています。こういった業者を利用すると、まつげ美容液はもちろん、本来ならば医師に処方してもらわなければならないまつげ育毛剤を手に入れることも不可能ではありません。

しかし、安全性を重視するならば、個人輸入商品の使用はあまりおすすめできません。というのも個人輸入では、偽物を購入させられたり、医療機関で扱われているものとは配合成分・配合割合が異なる商品を購入させられたりする可能性があるのです。

様々な副作用から身を守るためにも、まつげ美容液・まつげ育毛剤は正規のルートで購入されることをおすすめします。

 

まつげ美容液を正しく使って美まつげを育てよう

まつげ美容液を使う上で最も不安なのは、副作用についてです。

・まつげ美容液で失明することは、まずない

・肌の赤みや腫れ、かゆみといった副作用が出る可能性はある

・まつげ美容液が目に入った場合は、すぐに洗浄する

まつげ美容液は、正しく使うことで副作用のリスクを抑えることができます。これからまつげ美容液の使用を検討している方は、その効果だけでなく、配合成分や使い方にも目を向けてみてはいかがでしょうか。