TOPへ戻る

まつげ美容液で“めばちこ”ができた!?原因と予防法は?

「まつげ美容液を使い始めたらめばちこができた!」という方はいませんか?めばちこ、いわゆる「ものもらい」ができると、痛みがあったりアイメイクに支障が出たりと、イライラのもと。ここでは、まつげ美容液とものもらいの関係や、ものもらいの予防法についてみていきましょう。

 

 

めばちこ(ものもらい)とはどんな病気?

「ものもらい」は、目の周囲にできるできもののこと。「めばちこ」とは関西地方で使われる呼び名で、そのほか、「めいぼ」「めっぱ」などと呼ばれることもあるようです。

ものもらいには、大きくわけると「麦粒腫」「霰粒腫」という2種類の症状があります。

 

「麦粒腫」と「霰粒腫」

ものもらいのうち「麦粒腫(ばくりゅうしゅ)」と呼ばれるものは、まつげの生え際付近にあって脂肪を分泌する「マイボーム腺」や、汗を出す腺に細菌が入ることで起こる症状です。まぶたが赤くなり、痛みや腫れを伴いますが、膿が出たあとは回復していきます。眼科で治療する場合は、点眼液や軟膏の抗生物質が処方されることが多く、切開して膿を出す処置が必要なケースもあるようです。

「霰粒腫(さんりゅうしゅ)」の原因は、マイボーム腺の詰まりです。体調不良や目の周辺が不潔になることで、起こりやすくなるといわれています。まぶたが腫れてしこりができたり異物感を感じたりしますが、痛みや赤みはあまりないのが特徴です。麦粒腫と同様に、点眼薬や塗り薬、飲み薬などで治療をするほか、外科的な処置をする場合もあります。

 

 

めばちこ(ものもらい)を引き起こす原因

 

麦粒腫と霰粒腫いずれにも共通する原因が、マイボーム腺の細菌感染です。原因となる菌は、主に「黄色ブドウ球菌」という菌です。人間の皮膚など、どこにでも存在する菌ですが、免疫力が低下したり目の周りが不潔になったりすることで感染しやすくなります。「目をこする癖がある」「前髪が目にかかる」「コンタクトレンズを使用している」「不規則な生活を送っている」などに当てはまる方は、注意が必要です。

 

まつげ美容液やアイメイクがマイボーム腺の不具合の原因となることも

マイボーム腺は、油分を分泌して涙を蒸発しにくくする役割がある分泌腺です。まつげの生え際のすぐ内側に並んでいます。そのため、アイラインをまつげよりも内側に引いたり、マスカラやアイシャドウが付着したりすることで、機能が阻害されることがあるのです。また、アイメイクの落とし残しも、マイボーム腺を詰まらせてしまうことがあるようです。

まつげ美容液も同様で、不潔な状態のまつげ美容液をまつげの生え際に塗ることで、マイボーム腺を傷つけてしまい、ものもらいを引き起こす可能性があります。また、マイボーム腺がうまく機能しなくなるとドライアイの症状も引き起こされるため、注意が必要です。

 

 

めばちこ(ものもらい)を予防する方法

それでは、ものもらいを予防するためにはどうすればいいのでしょうか。いくつかの方法をご紹介します。

 

まぶたを温める

入浴はしっかりと湯船につかるようにするなど、体やまぶたを温めることを意識しましょう。こうすることでマイボーム腺のつまりを予防することができます。

ものもらいができかけているときには、ホットタオルで2~3分まぶたを湿布して温めてあげるようにすると、改善されることがありますよ。

アイメイクの方法を見直す

マイボーム腺はまつげの生え際のすぐ内側にあります。まつげの内側に化粧品が付着するとマイボーム腺を塞いでしまいますので、生え際ギリギリのメイクは控えめにしましょう。また、メイク用品を清潔に保つことも大切です。

コンタクトレンズは清潔に使う

コンタクトレンズを使用する際は、用法を守ってレンズのケアを行う必要があります。装着する際は、清潔な手で行いましょう。

アイシャンプーを利用する

まつげや目の周りを清潔に保つためには、専用のアイシャンプーを使って洗浄するのもおすすめです。まぶたやマイボーム腺の汚れをきれいに落としてくれるほか、ものもらいの原因の1つともいわれる「まつげダニ」の繁殖も抑えてくれます。

 

ものもらいを予防するまつげ美容液の選び方

まつげ美容液を使いたいけれど、ものもらいは怖い…という方は、まつげ美容液の選び方次第で、より清潔にまつげ美容液を使用することができますよ。以下のようなタイプは、繰り返し使用しても不潔になりにくいのでおすすめです。

 

専用のインジケーターを使うタイプの美容液

1回使い捨てタイプの、滅菌されたインジケーターを使って塗布するまつげ美容液なら、細菌などに感染するリスクを大幅に軽減することができます。また、適量を塗りたい部分に塗りやすいため、まつげの内側やまぶたへの付着をふせげるという利点もあります。

ノック式のまつげ美容液

ノックをすることで筆先に適量が染み出してくるタイプの美容液なら、まぶたに触れた筆先を液に直接浸す必要がありません。そのため、使用を繰り返しても容器の中の液を清潔に保てます。

 

 

めばちこ(ものもらい)になってしまったら?

ものもらいができてしまった場合、多くは1週間ほどで回復します。ただし、炎症がひどくしこりが残るようなケースでは、治るまでに数か月を要することもあります。また、「ものもらいはうつる」というイメージを持つ方も多いかもしれませんが、細菌感染や分泌腺のつまりが原因のものもらいは、人にうつすことはないので安心してくださいね。

ものもらいができてしまったら、

 

・睡眠を十分にとる

・アルコールや刺激物の摂取を控える

・コンタクトレンズの装用を中止する

・アイメイクを控える

 

以上のようなことに注意して生活しましょう。

 

 

まとめ

・めばちこの原因は分泌腺の細菌感染やつまり

・アイメイクやまつげ美容液がめばちこを引き起こすことも

・目元を温める、アイメイクの見直しをする、清潔に使えるタイプのまつげ美容液を選ぶなどで予防に

・なってしまったら生活習慣の改善を

 

まつげ美容液やアイメイクも、すべてが悪ではありません。適切な方法で清潔に使うことで、ものもらいのリスクを減らせますよ。