今以上にまつげを美しく元気にする方法|まつげ美容液ランキング【ふさふさまつげ】(*☌ᴗ☌)

TOPへ戻る

健康なまつげを育てるために

日常生活にも気を配る

健康なまつげ

まつげが健康でないと、アイメイクも決まりません。
しかし、マスカラやアイライナーなどの新商品が出たら飛びつくのに、お手入れは適当になりがち…という人も多いのかもしれません。

健康なまつげには、ハリやコシがあります。反対に、不健康な状態の時にはハリやコシが見られません。太さや細さは、生まれつきのものもありますので、適度な油分や水分があるかどうかが毛の健康状態を見分けるポイントとなるのです。

その他にも生え方にムラがあったり、もともとの太さよりも細くなってきたりした場合は毛が弱ってきている証拠です。ただ、細いからといって必ず傷んでいるというわけではありません。簡単なチェック方法としては、指でまつげを触った時に、少し跳ね返ってくるような弾力があれば、細くても健康な状態だということができます。

このように、ダメージを受けると細くなるという説もありますが、もともとの毛が細い場合はハリやコシの方に注目してみましょう。もしも不健康な状態だということがわかったら、その時はお手入れを始めるタイミングだといえます。

健やかに伸びる環境を育む

傷んだまつげは、色々な方法でケアをすることができます。
例えば、まつげ美容液にはまつげを美しくする美容成分が配合されていますので、伸びる効果を期待するだけでなく、毛そのもののお手入れにも最適な存在です。傷んだ毛は乾燥しがちになりますが、まつげ美容液には保湿を期待できる成分も配合されていますので、適度な潤いを与えつつ伸びる効果を見込めます。まつげ美容液の使用は短期的でなく、きちんと続けていくことで、アイメイクを楽になるほど伸びる効果を期待できるようになるのです。

まつげ美容液でケアをする以外の方法としては、食事で栄養を摂取するということです。
まつげにいいといわれているのはタンパク質が含まれている食べ物と海藻類です。タンパク質は、肉や魚や卵などに含まれています。そもそも、まつげがケラチンというタンパク質でできており、ダメージを受けるとケラチンが失われていきます。そのためタンパク質は健康なまつげを育むために欠かせない栄養素となっています。

そしてワカメやひじきや昆布などの海藻類には、発毛を促進する効果があるといわれています。ちなみに、ケラチンはタンパク質と亜鉛を一緒に摂取すると効果的です。タンパク質の生成に必要な亜鉛が海藻類に含まれていますので、タンパク質と海藻類を一緒に摂取するとより高い効果を期待できるのです。

その他には、マスカラの塗りすぎに注意するという方法もあります。
まつげに十分な長さとボリュームを出すために、何度も重ね塗りをすることもあります。
しかし何度も重ね塗りをしてしまうと、その分メイクを落とすのも大変になってしまいます。そのため、マスカラを意識して薄めに塗るというのも、まつげの健康を保つには重要なことなのです。

マスカラの重ね塗りをした日は、アイメイクリムーバーを使って目元のクレンジングをするといいでしょう。目元は皮膚が薄い部分なので、こすりすぎず、汚れを残さず…という絶妙なバランスを保ちながらクレンジングをする必要があるのです。
一般的に、アイメイクリムーバーはコットンに含ませて使用するものが多いです。
そのコットンをまぶたの上に置いて、しばらく待ってから拭き取るのが使用のコツ。
目元に置いてから約10秒後、コットンでまつげを挟むようにして、そのままスッと拭き取ります。あまり強く引っ張りすぎると、健康な毛まで抜けてしまいますので注意しましょう。目元だけリムーバーを使うのは面倒かもしれませんが、この一手間でまつげを健康に伸びる効果を期待しやすくなるのです。

目の周りをマッサージ

まつげが伸びる環境を整えるには、目の周りのマッサージをするのも効果的です。
ただし目の周りは皮膚が薄くデリケートなので、マッサージをする時も力を入れ過ぎないように注意しましょう。

マッサージをする時は、指の滑りがよくなるように、マッサージクリームなどを使用するのがオススメです。リンパの流れに従って、優しく「気持ちいい」と思えるくらいの力加減でほぐしていきます。こうすることで、余分な水分と老廃物が流れていき、目元のむくみが取れる効果を期待できます。まぶたの血行が良くなると、まつげが健やかに伸びる効果を期待できますので、リラックスタイムに目の周りのマッサージを取り入れてみるといいでしょう。

ランキング