まつげを伸ばすための正しい情報をお届け!|まつげ美容液ランキング【ふさふさまつげ】(*☌ᴗ☌)

TOPへ戻る

まつげを伸ばす方法

つけまつげ、まつエク、まつげパーマ…まつげ美容の選択肢は広がっていますが、自まつげのお手入れもお忘れなく。

まつげを伸ばす、その前に!

私たちが普段意識していなくても、まつげは日常的にダメージを受けています。
そのため、まつげを伸ばす方法を考えるよりも、自まつげに与えるダメージを減らす方法を先に考える必要があります。

一般的に、まつげにダメージを与える原因といえば、マスカラ、まつげパーマ、まつげエクステ、ビューラーなどをイメージすることが多いです。
これらもまつげが傷む原因となりますが、例えば洗顔や栄養不足などが原因でまつげが傷むケースもあります。
まつげを傷める原因を極力減らし、まつげが育ちやすい環境を整えましょう。

まつげが傷む原因

まつげが傷む原因

まつげが傷む原因は、大きく分けて2種類あります。
1つ目は美容法によるダメージ。2つ目は日常生活におけるダメージです。
1つ目の美容法によるダメージに、毎日のアイメイクが挙げられます。「ビューラーだけなら傷まないのでは?」と思う方も多いかもしれませんが、ビューラーを使うだけでもまつげに負担がかかっています。その他にも、マスカラやまつげエクステやまつげパーマなどによって、まつげには自然な状態の時よりも負担がかかっているのです。

2つ目の日常生活におけるダメージとは、生活習慣や食生活によるものです。
例えば、洗顔は毎日のことですが、ゴシゴシ洗いによる摩擦でまつげは傷んでいます。
その他にも、うつぶせ寝をする週間や、不十分なクレンジングなどによってまつげはダメージを受けています。
そしてまつげも毛の一種なので、タンパク質や亜鉛を補うのが重要です。

このように、まつげが傷む原因は一つではありません。美容法によるダメージがクローズアップされがちですが、日々の暮らしにおいてもまつげはダメージを受けているのです。
スキンケアをするようにまつげケアを行ない、疲れた自まつげをいたわりましょう。

まつげが傷む原因を詳しく見る

健康なまつげを育てるために

健康なまつげを育てるために

美しいまつげには、ハリやコシがあります。
このハリやコシは、まつげが引き続き健康でいるためにも重要な役割をしています。
まつげにハリやコシがないと、ビューラーを使っても時間が経てばカールが落ちてしまいやすくなります。時間をかけてアイメイクをしても、メイクをした時の状態が長持ちしなければ意味がありません。まつげは加齢やダメージなどによって元気がなくなっていきますので、本気で美容に取り組むなら、まつげケアも考えないといけないのです。

また、健康なまつげには適度な油分と水分があります。
髪の毛も栄養不足や紫外線によってパサつくことがありますが、まつげも髪と同じ原因でパサつきます。そのため、まつげの根元にリップクリームやワセリンを塗るなどの方法で保湿に取り組むケースもあるようです。たしかに、まつげに保湿をするのはいいことですが、目元に使うことを想定して作られたまつげ美容液を使う方が安心安全だといえます。
まつげ美容液はドラッグストアやネットで手軽に購入できるので、まつげのお手入れをする際にはぜひ試してみてください。

健康なまつげを育てるためにを詳しく見る

マスカラ

マスカラ

まつげをすぐに伸ばしたいなら、マスカラを使うという方法もあります。
生活習慣の改善や、まつげケアの効果を実感できるまでは、かなり時間を要します。
そのため、すぐにまつげを長くしたいなら、マスカラを塗る方法をオススメします。

マスカラにはさまざまな種類がありますが、中でもまつげを長くするロングタイプの商品には繊維が含まれています。この繊維が自まつげに絡みつくことによって、まつげが元の長さ以上に長く見えるのです。一時的に長くなる効果があるので、即効性を得たい人にオススメの方法です。ただし、メイクを落とせば元通りに戻るので、元のまつげが伸びることはありません。

このように、まつげを伸ばす方法にはいろいろあります。
マスカラのように即効性があるものもあれば、生活習慣の改善など気長に取り組みとなるものもあります。そして、まつげ美容液の使用も長期的な取り組みとなりますが、本気でまつげ美容に取り組むならぜひチャレンジしてみてほしい方法です。

マスカラを詳しく見る

ランキング