まつげ美容液の使い方をマスター|まつげ美容液ランキング【ふさふさまつげ】(*☌ᴗ☌)

TOPへ戻る

まつげ美容液を使う

お肌の清潔なときに使ってみよう

まつげ美容液を使う

まつげ美容液を使うのに、年齢制限は特にありません。
肌の弱い人は、低刺激な美容液を選ぶ必要がありますが、下は10代から、上は60代くらいまでの女性たちがまつげ美容液を使ったお手入れをしているのです。

まつげ美容液は、「ふさふさのまつげを育てたい」と思った時に使うのが基本です。毎日のアイメイクでお疲れ気味のまつげをきちんとケアしてあげるのが、美しい目元を育むための第一歩なのです。

美容液はドラッグストアやネットなどで簡単に購入できるので、誰でも気軽に使い始めることができます。また価格帯も幅広く、お手頃価格から少し高価なものまでありますので、伸びる効果を見込めるものを予算に合わせて選べます。

使用のペースとタイミング

まつげ美容液を使う回数は、特に決まっているわけではありません。
商品によって、推奨している1日あたりの使用回数も違っていますが、一般的には「朝晩2回」の使用をオススメしているケースが多いです。
ただ、1日2回を推奨している場合でも、必ず1日2回使用しなければならないというわけでもないようです。1日1回でいいと思えば、そのペースで使用しても構わないというケースもあります。ただ、1日1回で使用を続けていくよりも、1日2回で使用を続ける方が、毛が伸びるまでの期間が短くなる効果を期待できそうです。

まつげ美容液を使うタイミングとしては、目元が清潔な状態で使うのがオススメです。
注意書きには特に書かれていないようですが、メイクをしている状態だと毛穴が汚れでふさがっており、せっかくの栄養分が浸透しにくい状態であると考えられるので、できるだけ洗顔後やノーメイクの時に使用するのが望ましいといえます。
そのため使用のタイミングは、ほぼ自動的に洗顔後や入浴後ということになります。

朝と夜に使用するのであれば、朝の洗顔後に1回、夜の入浴後に1回…という感じで使っていくといいでしょう。
寝る前に使うと特に効果を見込めると言われていますが、これは眠っている間に新陳代謝が行なわれるからです。夜22時から深夜の2時くらいにかけての時間帯は、最も新陳代謝が活発に行なわれます。眠る前にまつげ美容液を使用すると、眠っている間に美容液に含まれている美容成分が深く浸透し、毛が長く伸びる効果を期待できるのです。

ハリやコシがあって、見た目にもツヤが出てきたら、まつげが健康になった印です。すぐには伸びる効果を実感できなくても、長く使用を続けることで、次第にメイクの時間が楽しみになることでしょう。

美容液のタイプと塗り方

まつげ美容液には、様々な形状をしているものがあります。
以前までは、まつげ全体に塗りやすいマスカラタイプが主流だったようですが、最近増えているのは目のキワにも塗りやすいチップタイプです。その他にも筆タイプなどがありますので、タイプに合わせて正しい使い方をしましょう。

また、美容液にはとろみがあるタイプとそうでないタイプがあります。
少々とろみがある方が、目のキワに塗った時も目に入りにくいのでオススメです。
なお伸びる効果を早く実感したいからという理由で、たくさんつけたくなる気持ちもわかりますが、きちんと容器の口でしごいてから適切な量を塗るようにしましょう。1回でたくさんの量を塗る方が伸びるというよりも、定期的な使用を長く続けていく方が、まつげが伸びる効果を期待しやすくなります。

ただ、一度塗ると乾くまで少し時間がかかりますので、忙しい朝はメイクの直前ではなく、乾かす時間を考えておく方がいいでしょう。

ここまでのポイントを整理すると、

  1. ・洗顔後の清潔な状態で使用する
  2. ・朝と夜、特に眠る前には忘れずに使用する
  3. ・たくさんつけすぎない
  4. ・長く使用を続ける
  5. ・根元にしっかり塗るようにする

となります。ただし商品によって特徴が異なりますので、注意書きをよく読み、正しい使用方法を心がけるようにしましょう。中にはまとめ買いができる商品もありますので、気に入った商品があればセットで購入しておくのがオススメです。
またネットでは様々な商品を探せますので、気になる商品があったら試してみて、お気に入りの1本を探してみるといいでしょう。まつげ美容液選びに迷ったら、口コミや評判などを参考にすると失敗が少ないです。

ランキング