まつげ美容液の基本的な知識の紹介|まつげ美容液ランキング【ふさふさまつげ】(*☌ᴗ☌)

TOPへ戻る

まつげ美容液の基礎

美容液はどのような効果をもたらすの?

美容液の基礎

まつげ美容液とは、まつげに栄養を補給してくれるアイテムです。
毎日のアイメイクで傷んだまつげを、優しくケアする効果を見込めます。

一般的に、目が大きいことは美人の条件とされています。雑誌のメイク特集でも、「デカ目メイク」や「目ヂカラUP」という言葉をよく見かけます。いかに目を大きく見せるかというのは、女性にとって重要な課題です。

毎日のメイクタイムでも、特に時間をかけてしまうのはアイメイクだという人も多いはず。アイシャドウでグラデーションを作ったり、目のキワにアイラインを引いたり、丁寧にマスカラを塗ったり…。女性たちは、メイクテクニックを駆使して少しでも目を大きく見せるための努力をしています。

しかし、きちんとケアをしないと、まつげが傷んでしまいます。傷んだ毛に栄養を補給するために生まれたのが、今回ご紹介する「まつげ美容液」です。
美容液には、ダメージを受けた毛をケアする効果を期待できる成分が配合されています。配合されている成分が違う各商品によって違うので、美容液ごとに期待できる効果も多少違ってくるのです。

お手入れを始めましょう

まつげ美容液は、まつげの健康を保つために使用するアイテムです。
毎日アイメイクをしていると、知らず知らずの間に毛にダメージが加わっています。

しかし残念なことに、メイクにかける時間と比べて、まつげのお手入れにかける時間は圧倒的に少ないという人も多いでしょう。美容液は、ドラッグストアやネットなどで購入できるので、「なんだかアイメイクが決まらなくなってきたな…」と思った時はすぐに使い始めることができます。

毛が弱ると、1本1本にハリやコシがなくなってきます。それをケアしないと、ビューラーで上げてもすぐにカールが取れてしまったり、何度もマスカラを塗らないと思ったような長さとボリュームが得られなかったりします。つまり、きちんとケアをしてあげないと、アイメイクにかける時間も長くなってしまうのです。これからも心おきなくメイクを楽しむために、今から本格的なお手入れを始めてみませんか。

まつげ育毛剤との違い

まつげ美容液は、長く使い続けることで効果を期待できます。どんなに優秀といわれている商品でも、塗り始めた翌日にいきなり伸びるという効果は期待できませんので、一定期間の使用を続ける必要があります。

商品によって違いはありますが、美容液1本で2ヶ月くらい持つものが多いです。
1本がわりと長く持ちますので、自動的にしばらく使い続けることになります。
使い方は商品によって違うので、しっかり説明書を読まないといけません。中にはまつげの根元に塗るものもありますが、塗る時に液体が肌に触れる可能性があります。そのため美容液を選ぶ時は、期待できる効果だけでなく、低刺激なものを選ぶようにするといいでしょう。
毎日使うものなので、肌への刺激が少ない方が安心です。

まつげ美容液と似ているものに、まつげ育毛剤というものがあります。
美容液は化粧品に分類されており、まつげの美しさを保ち、抜け毛を予防する働きを期待できます。
そして、まつげ育毛剤は医薬品に分類されており、まつ育効果を期待できます。
このように、美容液と育毛剤にはそれぞれ期待できる効果が違っており、目的に合わせた商品を選ぶ必要があります。
どちらも使い方は簡単なので、毎日のお手入れ習慣として気軽に取り入れられるのです。

自分にピッタリの美容液を選ぶ

まつげ美容液を選ぶ時は、次のようなポイントを意識してみましょう。

理想の目元のイメージは?

人によってまつげの生え方は違います。長さは十分にあるがボリュームがない人、ボリュームはあるが短い人、1本1本の毛が細い人…というように、様々なお悩みがあります。まつげ美容液は、商品によって配合されている成分が違うので、自分が期待する効果に合ったものを選ぶようにしましょう。

ムリなく続けられる値段か?

まつげ美容液の中には、1万円以上する高価なものもありますが、背伸びをして購入しても続けられないようでは意味がありません。まつげ美容液は、ある程度使用を続けることで効果を期待できるものなので、ムリなく続けていける値段の商品を選ぶようにしましょう。
まとめ買いをすると、お得になる商品もありますので、この機会に色々な商品を探して試してみて下さいね。

使いやすさは?

お手入れを始める時は、美容液との相性も重要です。まつげ全体に塗って使うマスカラタイプや、目のキワに塗って使うチップタイプなどがありますので、自分が使いやすいと思うものを選ぶといいでしょう。

まつげ美容液にはそれぞれに特徴がありますので、口コミなどを参考にしながら、評判のいい商品を選びたいものですね。

ランキング