TOPへ戻る

まつげ美容液が失明を引き起こす!?噂の真相と安全な使い方

美容アイテムとして、注目度アップ中のまつげ美容液。効果のほどが気になるのはもちろんですが、デリケートな目元に使うこともあって、副作用の有無を気にかけている方も多いのではないでしょうか。
噂のなかには「まつげ美容液で失明する」というものまであり、心配になってしまいますよね。ここでは、本当にまつげ美容液が失明を引き起こすことがあるのかどうかも含め、まつげ美容液の副作用についてみていきましょう。

まつげ美容液で失明する可能性はとても低い

「まつげ美容液の副作用で失明することがある」という噂がありますが、結論からいうと、失明の可能性は限りなく低いといえるようです。まつげ美容液の副作用の可能性について、詳しく見ていきましょう。

市販のまつげ美容液の高い安全性

ドラッグストアなどで一般に市販されているまつげ美容液は、薬機法という法律で「化粧品」に分類されているものです。化粧品の原料は「保健衛生上の危険を生じるおそれがある物であってはならない」と法的に定められ、配合する成分などに細かく、厳しい規定が設けられています。
日本国内でまつげ美容液として販売されている製品は、その基準をきちんとクリアしてきたものです。そのため、身体に重大な影響を及ぼす可能性は、とても低いといえるでしょう。失明という重大な副作用を引き起こす可能性は、ほぼないと考えてよさそうです。

失明以外の副作用が出る可能性はある

まつげ美容液による副作用が全くないというわけではありません。失明ほど重大ではないにせよ、何らかのトラブルが起こる可能性があることは、頭においておきましょう。
たとえば、まつげ美容液が引き起こす可能性がある症状として、かゆみや皮膚の赤みがあります。まつげ美容液には、さまざまな美容成分や添加物が含まれています。皮膚が美容液の成分による刺激を受けると、免疫細胞が反応し、かゆみや赤みが生じることがあるのです。刺激への反応は個人差があるため、普段から皮膚が弱いと感じている方やアレルギーがある方などは、とくに注意をした方がよいでしょう。
また、目の際にある分泌腺にまつげ美容液などが付着したり、美容液に繁殖した細菌が移ったりすることで、ものもらいやドライアイなどの症状を引き起こすこともあるようです。

安全にまつげ美容液を使うためのチェックポイント

トラブルをできるだけ回避して安全にまつげ美容液を使用するためには、次のようなポイントを意識して正しい使い方を心がけましょう。

配合成分をチェック

シリコンや界面活性剤、防腐剤、合成着色料、合成香料といった、肌へ強い刺激を与える可能性がある成分が含まれているかどうかをチェックしましょう。
化粧品の成分表示には、次のようなルールがあります。

・配合されている全成分を表示する
・配合量が多い順に記載する

どのような成分がメインなのかを確認することで、より安心して使えるまつげ美容液を選択でき、無用な刺激から肌を守れます。

アレルゲンをチェック

アレルギーにも注意が必要です。アレルギー体質の人は、症状を引き起こす可能性がある成分が配合されていないかどうか、かかりつけの医師に相談するとよいでしょう。また、アレルギーテスト済などをうたった製品も、全ての人がアレルギーを発症しないわけではありません。
気になる場合は、目の周りに使用する前に、腕などでパッチテストを行うのもひとつの方法です。

まつげ育毛剤の使用で報告されている副作用について

まつげ美容液と混同しやすいものに「まつげ育毛剤」があります。クリニックなどで処方されるまつげ育毛剤には、いくつかの重い副作用が報告されているようです。

まつげ美容液とまつげ育毛剤の違い

クリニックなどでまつげ美容液として処方される薬剤は、実際には「まつげ育毛剤」であることが少なくありません。まつげ育毛剤は、まつげが少ない、細いなど「睫毛貧毛症」の治療薬として処方されるもの。育毛効果が認められている医薬品で、医師による診断と処方が必須です。化粧品であるまつげ美容液とは、根本的に異なるものです。

重篤になることもあるまつげ育毛剤の副作用

クリニックで処方されるまつげ育毛剤は医薬品であるため、高い効果が期待できる一方で、人体に与える作用も大きなものです。そのため、以下のような副作用も報告されています。

・目の充血
・まぶたが垂れ下がる
・まぶたへの色素沈着
・目の周りが毛深くなる
・瞳の色が変化する

副作用が重篤化しないためには、医師の指導のもと、正しく使用することが大切です。ただし、まつげ育毛剤についても、「失明した」という副作用の報告は、今のところなされていないようです。

処方された薬剤以外の使用に注意

医療機関で処方されるまつげ育毛剤と同成分をうたったまつげ美容液が、個人輸入のかたちで、インターネットなどで販売されています。しかし、これらの製品は、薄められていたり偽造品であったりと、安全性には疑問があるものです。安全に使用するためには、通信販売などでの購入を避け、信頼できる医療機関で診断と処方を受けることが重要です。

まとめ

まつげ美容液の副作用について紹介しました。

・まつげ美容液で失明する可能性はほとんどない
・失明以外のトラブルの可能性はあるため成分に注意し正しく使うことが大切
・クリニックで処方されるまつげ美容液=まつげ育毛剤では重い副作用も報告されているが失明の事例はない
・まつげ育毛剤は信頼できる医療機関の処方を受けるべき

まつげ美容液を安全に使用して、理想のまつげを目指しましょう!

ランキング