まつ毛美容液を使って傷んだまつげをケア|まつげ美容液ランキング【ふさふさまつげ】(*☌ᴗ☌)

TOPへ戻る

まつげ美容液とは

毎日のアイメイクでお疲れ気味のまつげも、まつげ美容液でお手入れをして1日の疲れをリセットしましょう。

まつげケアに欠かせない
まつげ美容液のこと、
知れば知るほどまつげの
お手入れを始めたくなります。

アイメイクには時間をかけるのに、まつげのお手入れはまったくしていない…という人はわりと多いのかもしれません。入浴後には毎日スキンケアをするのに、まつげケアをしないというのも考えてみれば不思議な話です。

肌に化粧水や乳液を使うように、まつげにも専用の美容液があります。
まつげ美容液はドラッグストアやネットで簡単に購入できます。使い方も簡単で、だいたいの場合はまつげの根元に塗るだけです。使用回数は朝と晩の2回が推奨されているケースが多いですが、1日1回に減らして使用を続けてもいいのだとか。

商品によって、配合されている成分やブラシ部分の形状などが違うので、まずはまつげ美容液というのがどういうものかを知っておきましょう。普通がわかれば、その中からより好みに近いものを選ぶこともできるので、まずはまつげ美容液に関する基礎知識をここではご紹介していこうと思います。

まつげ美容液の副作用

まつげ美容液の副作用

フサフサのまつげに憧れ、まつげ美容液でまつげケアをする方は多くいます。確かにまつげ美容液を使用することで、憧れのまつげを手に入れられるかもしれません。しかし、目元はとても敏感な部分のため、自身に合わないものを使用することで副作用が現れる可能性があります。
実際、まつげ美容液を使用した方のなかには、目元の腫れや痒みなどの副作用が現れたという方もいます。また、まつげ美容液が目の中に入り、眼球を傷つけてしまう恐れもあるのです。
もちろん、まつげ美容液を使用したからといって、必ずしも副作用が現れるわけではありません。まつげ美容液を正しく使用し、また保管方法にも気をつけることによって、副作用を起こさず安全に使用することは可能です。
よって、「副作用を起こさないように気をつけること」が非常に重要です。そこで、まつげ美容液によって起こりうる副作用についてご紹介します。
副作用をあらかじめ把握しておくことで、副作用を起こす確率を大幅に軽減できるでしょう。

まつげ美容液の副作用を詳しく見る

まつげ美容液とまつげ育毛剤の違い

まつげ美容液とまつげ育毛剤の違い

「まつげ美容液」と「まつげ育毛剤」は、似ているようで実は別物です。まつげ美容液は「まつげのダメージを補修するもの」で、まつげ育毛剤は「育毛を促すためのもの」です。
なお、ビューラーやマスカラなどのメイクでダメージを受けたまつげには、まつげ美容液を使用するのがおすすめです。何故なら、ダメージを修復し、健康的なまつげを維持できるからです。対して、まつげにボリュームを出したいときにおすすめなのは、まつげ育毛剤を使用することです。もちろん、育毛効果のある成分が含まれているまつげ美容液なら、ボリュームアップが期待できます。しかし、まつげ育毛剤には、血行促進に効果のある成分も一緒に含まれていることから、確かな育毛効果が期待できるのです。
このように、まつげ美容液とまつげ育毛剤は、それぞれで効果が異なります。ですから、目的に合わせてどちらを使用するのか考える必要があります。
そこで、まつげ美容液とまつげ育毛剤、それぞれの特徴について具体的にご紹介します。どちらを使用したらいいのか迷っている方はぜひ参考にしてみてください。

まつげ美容液とまつげ育毛剤の違いを詳しく見る

まつげ美容液の基礎

まつげ美容液の基礎

まつげ美容液は、10代から60代くらいまで、さまざまな年代層に受け入れられています。まつげはダメージによって本来のハリやコシが損なわれることがあります。そして1本1本のハリやコシが減ると、まつげ全体のボリュームが減ります。「まつげのボリュームが減った」という悩みは年齢が高くなるにつれて増えるといわれています。悩みが出てから焦って対処をするよりも、まつげの状態が気になり始めたらまつげケアを始める方が望ましいでしょう。

スキンケアもそうですが、実際に衰えを感じてから対策を始めるよりも、できるだけ早くお手入れを始める方がいいのです。年齢が重なれば、単純にまつげや目元へのダメージも蓄積されると考えることもできるので、お悩みに合わせてまつげケアを開始しましょう。

配合されている成分も重要ですが、使いやすさや塗りやすさも重要です。
近頃は下まつげにもしっかり塗れるチップタイプが定番となっていますが、その他にも筆ペンタイプやマスカラタイプなどがあります。また液体の色は透明のものが一般的で、根元に塗っても目に垂れてこないように粘度が高くなっているものが多いです。

まつげ美容液の基礎を詳しく見る

まつげ美容液の効果

まつげ美容液の効果

エクステをつけたり、マスカラを塗ったりするのもいいですが、根本的に理想の目元に近づくためには自まつげのお手入れが必要です。
エクステなどの美容法は、一時的に量を増やしたり長さを出したりするためには大変便利です。しかし人工のエクステを装着しているので目元に負担がかかっています。毛は弱るとハリやコシが失われていきますので、アイメイクにかける時間がいつもより長くなったと感じたら、早めにしっかりとしたお手入れを始める必要があります。

本格的なお手入れを始める時、活用をオススメしたいのがまつげ美容液です。美容液には毛を保護する成分や保湿する成分などが配合されており、毛周期を正常に整える効果を期待できます。毛が寿命をまっとうできるよう、正しいケアを行なっていきましょう。美容液を使えば、健康な毛を育てることも不可能ではありません。

まつげ美容液の効果を詳しく見る

まつげ美容液を使う

まつげ美容液を使う

まつげ美容液は、お疲れ気味のまつげに栄養を届けてくれます。
まつげ美容液は、洗顔後や入浴後に使用するのが理想的です。なぜなら洗顔や入浴の後はまつげの根元が清潔な状態になるので、毛穴がふさがっている時よりも美容成分が浸透しやすいと考えられているからです。
また眠る前に使用すると効果的だといわれていますので、おやすみ前の新習慣として取り入れてみてはいかがでしょうか。

ちなみに、まつげ美容液に配合されている成分は、商品によって異なります。
例えば海藻エキスやセンブリエキスなどはまつげが伸びる効果を期待できるといわれています。また、まつげが生えてきやすい環境を整えるヒアルロン酸やセラミドなどの成分が配合されているものもありますので、いろいろな商品を試してみて、相性のいいものを探してみるといいでしょう。

まつげ美容液にはさまざまな種類があり、好みに合わせていろいろな選び方ができます。迷った時は口コミや評判などを参考にしながら、最適な1本を探してみましょう。

まつげ美容液を使うを詳しく見る

まつげ美容液の注意点

まつげ美容液の注意点

まつげ美容液はまつげの根元に直接塗るので、肌への低刺激性も重要です。美容液というと、ついつい配合されている成分が気になりがちですが、パラペンフリーやシリコンフリーなどの商品もありますので、添加物が気になる人は、配合されていないものにも注目して選んでみるといいでしょう。目元はデリケートな部分なので、特に肌が敏感な人でなくても安全性を意識して選びたいものです。

また、目元は皮膚が薄いので、洗顔時に強くこすりすぎてしまうとシワの原因になるおそれがあります。その他には目元の乾燥によってシワができてしまうこともありますので、まつげだけでなく目元全体をケアするといいでしょう。
なお、まつげ美容液を使用する前にパッチテストを行なうと、より安心して使用を始められます。

まつげ美容液の注意点を詳しく見る