TOPへ戻る

いつ塗る?どう塗る?まつげ美容液の効果的な使い方

印象的な目元を目指して、デイリーケアにまつげ美容液を取り入れている方は多いでしょう。まつ毛美容液の効果を最大限に引き出すためには、使い方を誤らないことが大切なポイントです。

ここでは、まつ毛美容液の形状別の使い方や、使用上の注意点、正しい使用タイミングなど、知っておくべき基本的な使い方をまとめました。

3つの形状別!まつげ美容液の使い方の手順

まつげ美容液の先端(インジケーター)の形状は、大きく分けると、マスカラタイプ・チップタイプ・筆タイプの、3つに分類されます。形状によって使い方が異なるため、正しく使えるようになりましょう。
中見出し:チップタイプのまつげ美容液の使い方
チップタイプは、リップグロスなどによくみられる形状です。細かい部分にも塗りやすく、根元にもまつげ自体にも塗りやすいのが特徴です。

《使い方》
1.チップに含ませる液量を調整します
2.上下のまつげの根元部分に、たっぷりと液を塗布します。
3.根元から毛先の方向へチップを滑らせ、全体に液を塗布します。
4.下まつげにも塗布します。チップを縦にして、先端を使って目尻までしっかりと塗りましょう。

 

筆タイプのまつげ美容液の使い方

筆タイプは、リキッドアイライナーなどに多い、先端が極細の筆の形状をしているタイプです。まつげの根元部分にピンポイントに塗ることができるため、育毛成分などをしっかりと浸透させることができます。

《使い方》
1.含ませる液の量を調節します。
2.まつげの生え際に筆をあて、目頭から目尻に向けて、さっと線を描くように塗ります。

マスカラタイプのまつげ美容液の使い方

マスカラタイプは、先端がマスカラのブラシのようになっている形状です。まつげをとかしながら液をぬれるため、まんべんなく液がつくのが特徴。エクステンションを付けたまつげにも、使いやすいタイプです。

《使い方》
1.含ませる液の量を調節します
2.上まつげの生え際にブラシをあて、先端に向かって持ち上げるように塗ります。ブラシを左右に細かく動かしながらまつげを立ち上げると、ムラなく塗れます。
3.下まつげは、ブラシを立てて先端で塗ります。

まつげ美容液を使うときの注意点

まつげ美容液を効果的に使うためには、正しい使い方を守る必要があります。誤った使い方をすると、思うような効果が得られないだけではなく、肌や眼のトラブルを引き起こしてしまう可能性があるため、十分に注意しましょう。次に紹介する3つは、特に大切な注意点です。
中見出し:清潔なまつげに塗る
まつげ美容液は、必ずまつげや肌が清潔な状態の時に塗りましょう。まつげやベースの肌にホコリや汚れ、皮脂、メイクなどの油分が残った状態でまつげ美容液を使用すると、美容成分の浸透が妨げられてしまいます。効率よく美容液の効果を得るためには、清潔が不可欠なのです。

また、不潔な状態でまつげ美容液を使用すると、汚れがインジケーターに付着してしまいます。インジケーターや美容液の中で、雑菌が繁殖する可能性もあり、衛生的とはいえません。不衛生な状態でまつげ美容液を使い続ければ、ものもらいなど、眼の周辺の疾患にもつながる恐れがあります。

量や回数を守る

まつげ美容液を使うときは、指定された回数や量を守って使用することが大切です。量や回数をたくさん塗ったからといって、劇的に高い効果が得られることはありません。逆に、眼の周りのデリケートな皮膚に規定以上の刺激を与えることは、炎症などの肌トラブルの原因にもなりかねないでしょう。

特に、美容クリニックなど、医療機関で処方してもらう必要があるような美容液の場合は、使い方を誤ると、重い副作用が現れる場合もあります。まつげ美容液を使う前には、説明書などでしっかりと用法を確認し、定められた回数と用量の範囲で使用するようにしましょう。

肌に合わなければ使用をやめる

まぶたの皮膚は薄く、刺激によるトラブルが起こりやすいデリケートな部分です。まつ毛美容液の使用においても、液が肌に合わず、トラブルを起こしてしまう場合があります。もしも、まつ毛美容液を使用した後に肌に異常を感じた場合は、すぐに使用を中止しましょう。

特に、まぶたや眼に、赤みやかゆみ、目やに、痛み、充血などの症状がある場合には、炎症を起こしている可能性があります。症状を悪化させないためにも、皮膚科や眼科など、適切な医療機関を受診した方がよいでしょう。

また、普段は症状がでなくても、日光に当たることで発症したり、それまでは問題なかった化粧品が突然合わなくなったりといったケースもあるため、注意が必要です。

肌がもともと弱く、肌トラブルのリスクをあらかじめ軽減したいという場合には、医師に相談したうえで、「ドクターズコスメ」のまつげ美容液を使用するという選択肢もあります。ドクターズコスメは、医師が開発に関わった化粧品で、安全性の高さが特徴です。

さらに、医療機関で直接購入することで、トラブル時の対応もスムーズになるため、安心してまつ毛美容液を使えるでしょう。

まつげ美容液を使う効果的なタイミングは?

まつげ美容液を効果的に使うためには、使用するタイミングも大切です。どのようなタイミングで使うのが正しい使い方なのか、みていきましょう。
中見出し:朝晩2回orどちらか1回が主流
まつ毛美容液を使うより効果的なタイミングは、「朝」と「夜」の1日2回だといわれています。ただし、「寝る前だけ」「朝だけ」の簡単なケアをうたっている商品もすくなくありません。1日2回もしくは1回が、主流の使い方だといえるでしょう。

また、中には、携帯して、乾燥が気になるタイミングなど、日中に何度も使用できるタイプなどもあります。

初めて使う製品の場合、それまで使用していた製品とは使用するタイミングが異なることがあります。思い込みで使用せず、推奨されるタイミングや回数をきちんと確認して使うようにしましょう。

スキンケアの後が効果的

まつげ美容液は、夜ならば、洗顔をしたあと、化粧水や乳液で肌を整えてから、最後に塗るのがベストです。朝の場合は、洗顔後、スキンケアをしてからまつげ美容液を塗り、メイクをするという手順になります。スキンケアの後にまつげ美容液を使えば、美容液を付けたあとのまぶたやまつげに触れる必要がないため、十分な美容液の浸透が望めるでしょう。

ただし、スキンケアの際に乳液やクリームなどがまつげについてしまうと、油分が美容液の浸透を妨げてしまいます。まつげには乳液やクリームをつけないように意識して、スキンケアをおこないましょう。

まつげ美容液を塗った直後のメイクはNG

まつげ美容液を使うなかで気を付けたいのは、朝のメイクのタイミングです。まつげ美容液を塗ったあと、すぐにメイクをするのは避けましょう。なぜかというと、まつ毛美容液の水分や油分が残った状態でアイメイクをしてしまうと、ヨレやにじみが起こりやすくなるためです。十分にまつげが乾いてからメイクをすることをおすすめします。

とはいえ、忙しい朝には、ゆっくりとまつげが乾くのを待つ余裕がないという方も多いはず。時間がない朝には、朝食や身支度をする前にまつげのケアをして、食事や着替えの時間を挟んでからメイクをするとよいでしょう。そのほかに、メイクの前にベビーパウダーなどで水分や油分を抑える方法もあります。

まとめ

・まつげ美容液の使い方はインジケーターの形状ごとに異なる
・効果的にまつ毛美容液を使うには、用法を守り、トラブルに正しく対処する必要がある
・1日1回or2回・洗顔とスキンケアのあと・メイクの少し前に塗るのが正しい使い方

正しい使い方をしっかりとマスターして、まつげ美容液の効果を最大限に引き出しましょう!

ランキング