ゴージャスな目元にするならつけまつげがオススメ|まつげ美容液ランキング【ふさふさまつげ】(*☌ᴗ☌)

TOPへ戻る

つけまつげ

目ヂカラが劇的にUP!

つけまつげ

目元は人の印象を大きく左右する大事なポイントですよね。
化粧の時、目元に一番時間をかけている人も多いのではないでしょうか。

しかし、いくらアイメイクを頑張っても、元々の目が小さいとなかなか理想通りの目元にはなりません。
濃くしすぎて、パンダみたいになってしまうこともあります。
そこで、簡単に目元を華やかにしてくれるアイテムが「つけまつげ」です。
つけまつげを使えば、まつげが少ない人や、目が小さい人でも、目を大きくみせて目元を華やかにしてくれます。
ただし、つけまつげはつけ方を間違えると、自まつげを傷める原因となってしまいます。
もちろん、はずす際にも注意しておかないと、無駄に抜けてしまいます。
正しくつけて、目元を綺麗に着飾りましょう。

正しくつけるために覚えておきたいポイント

最後につけまつげ

おそらくほとんどの人がわかっていると思いますが、つけまつげは基本的なメイクを終わらせてからつけます。
ビューラーやマスカラなどを先にやっておき、つけまつげ装着後はかるく行いましょう。

やわらかくしておく

つけまつげは新品だと固くなっているので、曲線状にやわらかくしておきましょう。
こうすることで、つけた時に目元や自まつげと馴染みやすくなります。

グルーが難しいなら

つけまつげには付属品としてグルー(接着剤)がついています。
これを使えば、つけまつげをくっつけることが出来るのですが、初心者からすれば難しく感じやすい部分です。
またつけまつげによっては付属のグルーが使いづらいこともあります。
そこで簡単に行なうために使いたいのが、アイプチです。
アイプチは、基本的に筆タイプでつけやすいグルーなので、つけまつげ付属品よりも簡単に付けられます。
どうしても時間がかかってしまう人や、なかなか綺麗に出来ない人は一度試してみて下さい。

どちらにつける?

つけまつげをまぶたにくっつける際は、つけまつげにグルーを塗る人が多いかもしれません。
しかし、これだと失敗した時に不要な場所にグルーが付いてしまい、面倒なことになります。
そのため、初心者の場合はグルーをまぶたの上に直接塗ってしまうのも1つの方法です。
自まつげの生え際よりも少し上に点状で付けていくと良いでしょう。
この方が失敗した時のダメージを少なく出来ます。

目頭よりも目尻に

初めてつけまつげを使用する人に多い間違いが、つけまつげの始まる位置。
つけまつげは基本的に長めに作られているので、自分の目に合わせて長さを調節しなければいけません。
この時、目と同じ長さで切ってしまうと、不自然にバサバサしてしまう可能性があります。
これを避けるには、目頭から目尻までを覆うようにつけるのではなく、黒目の内側あたりから目尻までにつけると良いでしょう。
バサバサにするなら、目尻側にした方が栄えます。

きちんと仕上げを

つけまつげと自まつげが別々に見えないように仕上げをしましょう。
マスカラなどを使って、同じところから生えているように見せると自然です。
ただし、つけまつげを付ける前に、カール具合などを調整しておかないとなかなか自然にはなりません。
ビューラーなどを使用して、同じようにカールさせておきましょう。
そして最後は、リキッドライナーでつけまつげの根元付近をなぞって目立ちにくくしましょう。
多少おかしくてもリキッドライナーで隠してしまえば、かなり自然に見えます。

はずす時は

しっかりつけていると、つけまつげは長時間効果を持続してくれます。
もちろん簡単に取れることもありません。
そのため、おもむろにはずそうとすると、まぶたを傷めてしまうことや、自まつげが抜けてしまうこともあります。
そのため、きちんと目元を濡らしてから取るようにしましょう。
そして外したあとは、まつげ美容液などを使って、自まつげのケアも忘れないようにしましょう。
特に毎日つけまつげを使用している人は、まつげに負担がかかりやすいので、ケアを怠ってはいけません。
まつげ美容液でケアしておけば、次の日の化粧ノリも変わってきます。