まつげエクステ、まつげパーマ、つけまつげをしながら元気なまつげを維持|まつげ美容液ランキング【ふさふさまつげ】(*☌ᴗ☌)

TOPへ戻る

まつげ美容

まつげ美容を諦めないかわりに、自まつげのお手入れもバランス良く行ない、健康なまつげをキープしましょう。|まつげ美容液ランキング【ふさふさまつげ】(*☌ᴗ☌)

まつげ美容は
日々進化していますが、
まつげのお手入れも
どんどん行なっていきましょう。

まつげを美しく見せるための美容法に、まつげパーマ、まつげエクステ、つけまつげがあります。まつげパーマやまつげエクステはサロンで施術を受けるのが一般的ですが、つけまつげは自分で装着できます。
いずれも、まつげをカールして見せたり、まつげをより長く濃く見せたりするための美容法となっています。

これらの美容法は、「まつげを傷める」という認識が広まっているようですが、なにもこれらの美容法ばかりがまつげにダメージを与えているわけではありません。
例えば洗顔時のこすり洗いや栄養不足などもダメージの原因となります。よってダメージを心配しているのであれば、まつげ美容を行なうかわりに、まつげのケアをしっかりと行なうという対処法もあるのです。

まつげパーマ

まつげパーマ

まつげケアを始めるきっかけとして、「まつげパーマ(まつげエクステ)をしているから」という理由はわりと多いようです。そもそも、美しい目元を目指してまつげ美容に取り組んでいるのに、そのことが原因で自まつげが傷んでしまっているようでは台無しです。
そのため、まつげの美容を気遣ううちに、自然とまつげ美容液に行き着いた…というパターンが増えているようです。

まつげパーマは、まつげにパーマをかけてカールした状態を保つためのものです。
通常、まつげをカールするにはビューラーを使いますが、まつげパーマをかけるとメイクのたびにビューラーを使う必要がなくなります。自まつげにパーマをかけるので、長さや濃さは出せませんが、ビューラーで上げたようなカールが持続するので毎朝のメイクが楽になります。

つまりまつげパーマをかければアイメイクが楽になりますし、マスカラも塗りやすくなるので一石二鳥だといえます。まつげのお手入れにはまつげ美容液を使い、きちんとケアをしていきましょう。

まつげパーマを詳しく見る

まつげエクステ

まつげエクステ

まつげエクステは自まつげに人工まつ毛を接着する美容法です。
まつげパーマとは違い、長さ・濃さ・カールの調整も自在にできます。
ただし、効果は半永久的ではなく、3週間前後でリペアの時期を迎えます。
この間、まつげにはエクステ分の負荷が加わり続けています。そのため、しっかりとまつげケアをしないと、まつげを傷めてしまう原因にもなりかねません。

まつげへの負担が気になったら、まつげ専用の美容液でお手入れを始めてみるといいでしょう。まつげ美容液は、まつげのお手入れに最適な存在です。
まつげ美容液以外のアイテムを使ったお手入れ方法も存在しますが、目元に使うことを想定していない化粧品などを使用する方法も広まっていますので、間違ったケアをしないように正しいお手入れ方法を選びましょう。

まつげの美容を諦めないかわりに、まつげケアもしっかりと行なう。
このバランスを保っていけば、健康な自まつげをキープしつつ、いろいろなまつげ美容に取り組んでいくことも可能です。まつげ美容液の使用を続けて、健康で美しいまつげを目指していきましょう。

まつげエクステを詳しく見る

つけまつげ

つけまつげ

メイクの中でも、アイメイクを特に念入りにする人も多いでしょう。
アイメイクの中でも時間がかかるのは「マスカラ」だという人もきっと多いはずです。マスカラはまつげを長く見せてくれたり、濃く見せてくれたりする化粧品です。ただ、いくら丁寧に塗っても効果には限界があります。
マスカラは便利なものですが、より目元を強調したいのであれば、つけまつげをつけるのがオススメです。

つけまつげは、100円均一ショップでも売られていますし、ドラッグストアや雑貨店などでも取り扱われています。そのため、まつげ美容法の中でも、もっとも手軽に取り組める方法といっても言い過ぎではありません。

ただ、つけまつげをつける際も、結局は自まつげにビューラーやマスカラをします。
そのため、つけまつげをつけるからといって、まつげへのダメージが減るわけではありません。むしろはがす時に注意しないと、自まつげまで引っ張って抜けてしまうおそれがあるので注意しましょう。

つけまつげを詳しく見る