まつエクやつけまつげを使う前にまつげ美容液を使ってボリュームをゲット|まつげ美容液ランキング【ふさふさまつげ】(*☌ᴗ☌)

TOPへ戻る

まつげが少ない人

まつげの量を増やしたい!

まつげが少ない

まつげの本数は、人によって違います。同じ人でも、上下で生えている本数は違います。
それを踏まえて調べてみると、上に生えているのが50本~100本弱、下に生えているのが約50本~80本弱となっているようです。
なお、まつげには目を守る役割がありますので、風の強い地域の人は濃く伸びるというように、国によって平均値にも多少の違いがあるようです。

そのため、一概に「◯本だと少ない」ということは言えませんが、平均値を下回っているようだと少ない方だといえるでしょう。といっても、1本1本数えて調べることはできませんが、「もしかして、人よりも少ないかな?」と思った時は本格的なお手入れを始めてはいかがでしょう。もとの長さよりも伸びるようにするのは難しいですが、抜けにくく丈夫な毛に育てる効果を期待することは可能です。

しかし目元に優しくない生活を送っていると、まつげが本来抜けるはずだった期間まで生えていられなくなる可能性があります。本来の本数を保つためにも、まつげがすくすく伸びるような生活を心がけるといいでしょう。

ボリュームを増やす方法

ボリュームを増やす方法として一番手っ取り早いのは、マスカラを使うことです。特にボリュームタイプのマスカラは、1本1本を太く見せる効果がありますので、結果として毛の量が増えたように見えます。さらにマスカラ下地と併用すれば、いっそうボリューム感を出すことも可能です。ただし、これは一時的なものなので、メイクを落とせば元の少ない状態に戻ります。

その他には、エクステを装着してボリュームが増えたように見せるという方法もあります。エクステも、マスカラと同じで一時的な効果でしかありません。しかし、マスカラよりもエクステの方が長持ちしますので、即時性と持続性の両方が手に入るのがまつげエクステだといえます。

なお、マスカラとエクステの他にはつけまつげを装着するという方法もありますので、一時的にボリュームを増やしたい時にはオススメの方法です。全体的に少ない場合と、部分的に少ない場合によってつけまつげの装着方法や場所を調節すれば、より自然に増えたように見えることができるのです。

この他にも、すぐに実践できるケア方法として、リップクリームなどでまつげの根元に油分を与えるというものがあります。
健康な毛には適度な油分と水分があるので、根元に油分を与えてお手入れをします。
ただし、この方法を実践する時は、目に油分が入らないように注意しましょう。

長期的なケアで効果を期待

マスカラ、エクステ、つけまつげはすぐに伸びる効果を実感できる方法です。
ただし、すぐに実践できるかわりに、一時的な効果しか得られないというウィークポイントもあります。
即効性を求める時は、すぐに実践できる方法を試してみてもいいでしょう。
ただし、あまりにもメイクに頼りすぎてしまうと、結果としてまつげの寿命を縮めてしまうおそれがあります。つまりこれらの方法と並行してお手入れも行なっていくことで、量を多く見せつつ、更に目元への自信が持てる効果を見込めるのです。

まつげは毎日のメイクや洗顔などで傷みます。
その他にも、うつぶせ寝や夜更かしなどが原因でまつげが薄くなってしまうといわれています。うつぶせ寝はまつげがこすれる原因になってしまいますし、夜更かしをしている間に新陳代謝の時間帯を逃してしまうことになります。まつげ美容液を眠る前に使用すると、より伸びる効果を期待できるといわれているのも、新陳代謝に合わせているからなのですね。

これらのことに気をつけて、目元に優しい生活を送るように心がけましょう。
また、まつげ美容液は一定期間の使用を続けることで、伸びる効果を実感できたという声が挙がっているようです。理想の目元は一朝一夕で手に入れられるものではありませんので、根気よくお手入れを続けていくのが大切なのです。