TOPへ戻る

まつ毛を増やしたい方必見!まつ毛の植毛について徹底解説

まつ毛を増やす方法の一つに、「植毛をする」というものがあります。ただ、まつ毛を植毛するとはどういうことなのか、植毛したまつ毛はその後どうなるのか、デメリットはあるのか…というように、まつ毛の植毛に関してよくわからない点がある方も多いのではないでしょうか。ここでは、まつ毛の植毛について詳しく解説します。

 

まつ毛の植毛とは?その概要について

薄毛の方が受ける手術、というイメージが強い植毛ですが、実はまつ毛に関しても、植毛をすることが可能です。まつ毛の植毛は、ケガなどによってまつ毛が生えてこなくなった方やまつ毛貧毛症の方、まつ毛の量を増やして理想的な目元を手に入れたい方など、様々な方が施術を受けています。

 

ドナーとなるのは髪の毛!切らずに施術することも可能

まつ毛の植毛は、【ドナー採取→株分け→植毛→術後のケア】という流れで進められます。ドナーとなるのは髪の毛で、頭皮を切開して採取する方法と、頭皮を切らずにドナーを採取する方法(毛包単位採取)とがあります。

どちらの方法でドナーを採取するかは植毛本数によって変わることがあり、病院によって違いがありますが両側で100本くらいまでの植毛であれば、頭皮を切らずにドナーを採取することが可能です。

そして採取したドナーは、医療用の針を使って植えつけられます。

 

まつ毛の植毛によって得られる効果は?どのくらいもつ?

それなりの費用がかかるうえ、頭皮やまぶたなど体にも少なからず負担がかかる、まつ毛の植毛。そこで気になるのは、その効果や耐久性についてです。

 

植毛したまつ毛の生着率は50~90%

植毛したまつ毛は、術後数週間でいったん抜け落ちます。そして数か月後に再び生えてきて、徐々に育っていきます(生着)。この生着率に関しては個人差がありますが、一般的に50~90%程度であるといわれています。

例えば100本のドナーを移植した場合、50~90本くらいが生着するのです。

そして生着したドナーは、半永久的に自分のまつ毛になります。

 

植毛したまつ毛のお手入れはどうすればいい?

移植したまつげのドナーとなっているのは髪の毛であるため、本物のまつげとはヘアサイクルや伸びるスピードが異なります。そのため定期的にカットをして、長さを揃える必要があります。

 

また移植するのはあくまでも髪の毛であるため、その毛質や太さに関して本物のまつ毛と全く同じにする、ということはできません。そのためより自然な質感にするためには、ビューラーを使って形を整えたり、まつ毛パーマをかけたりして、形を整える必要があります。

 

 

まつ毛の植毛をするに知っておきたい注意点

まつ毛の植毛をするにあたっては、知っておかなければならない注意点やデメリットも存在します。

 

ダウンタイムは1週間程度

まつ毛の植毛をする場合、術後約1~2週間のダウンタイムがあります。人によっては強い腫れがでることがありますので、接客や営業をしている方、人と会う予定がある方は長期休暇や連休を利用するなど、手術を受ける時期をうまく調整するといいでしょう。

 

 

合併症のリスクについても理解しておこう

まつ毛の植毛による眼球への影響ですが、この手術は眼球に対するものではないため、基本的に問題はありません。

ただし手術では針を使ったり場合によっては頭皮を切開したりするため、術後の内出血や感染症といったリスクは存在します。

 

まつ毛の植毛を検討している方は、この手術にはこういったリスクが伴うということをきちんと理解しておきましょう。

 

 

まつ毛の植毛も理想の目元を手に入れる一つの方法

まつ毛の植毛をすると、ボリューミーなまつ毛を手に入れることができます。

 

・まつげの移植は、髪の毛をドナーとして行われる。

・移植したまつ毛の生着率は50~90%である。

・生着したドナーは、半永久的に自分のまつげになる。

・まつ毛の植毛には、合併症などのリスクが伴う。

 

まつ毛の植毛を検討している方は、手術の流れやそこに潜むリスクなどについて正確に理解することから始めてみることをおすすめします。

ランキング

基礎知識