TOPへ戻る

まつ毛のコーティング剤ってなに?正しい使い方とは?

まつ毛エクステをしている人が使っていることの多い、コーティング剤。まつ毛のコーティング剤とは、どのようなものなのでしょうか。これを使うことで、どのような効果が得られるのでしょうか。ここでは、まつ毛のコーティング剤を使用するメリットやその使い方などについて、詳しくご紹介します。

まつ毛のコーティング剤ってどういうもの?

まつエクサロンを中心に販売されているケア商品に、「コーティング剤」というものがあります。コーティング剤とはその名前の通り「まつ毛」を「コーティング」するためにつくられたもので、その色や粘度、ブラシのタイプにはさまざまな種類があります。

 

まつ毛美容液とはなにが違うの?

コーティング剤によく似たアイテムに、まつ毛美容液があります。では、この2つのアイテムはなにが違うのでしょうか。

まつ毛美容液は、まつ毛に栄養を与えたり、水分を補給したり、ハリとコシを与えたり、まつ毛の成長をサポートしたりするためのものです。これに対してコーティング剤は、摩擦をはじめとするさまざまな刺激からまつ毛を守るためのものです。ネイルアートでいうところのトップコートのようなもの、というとイメージしやすいでしょうか。

まつ毛美容液がまつ毛を美しくしたり育てたりするためのものであるのに対し、コーティング剤は、まつ毛を「守る」ためのものなのです。

 

コーティング剤はまつエクをしている人におすすめ

コーティング剤は、まつエクをしている人におすすめのアイテムです。

まつエクの施術では、グルーを使って人工まつ毛を自まつ毛にくっつけていくのですが、目をこすったり就寝時に枕と触れ合ったりするときの摩擦や、洗顔時にかかる負担などによって、グルーの接着力は少しずつ低下してきます。
また、接着した人工まつ毛自体にも、摩擦などによって少しずつダメージが蓄積されていきます。

この点、コーティング剤を塗布しておけば、さまざまな刺激やダメージからまつエクを守ることができます。実際、多くのまつエクサロンでは、施術を受けた人に対してコーティング剤の使用をすすめているようです。

まつ毛のコーティング剤を使うメリットとは?

まつ毛美容液やまつ毛育毛剤など、近年はさまざまなまつ毛ケアアイテムが販売されています。では、数あるまつ毛ケアアイテムの中でコーティング剤を使うことには、どのようなメリットがあるのでしょうか。

まつエクを長持ちさせることができる

コーティング剤を使うメリットとしてはまず、まつエクを長持ちさせることができる、という点が挙げられます。

まつエクの施術に使うグルーには、湿気や油分に弱い、という性質があります。そのため汗をかいたり、皮脂が過剰に分泌されたり、オイル入りのメイクアイテムを使ったりすると、グルーの接着力が弱まりまつエクが取れやすくなってしまうことがあるのです。
この点、コーティング剤にはまつ毛全体を包み込んで、さまざまな刺激や負担からまつエクを守る効果があります。

また、まつエクは施術から時間が経つことでほころんでくることがありますが、コーティング剤にはこういった現象を防ぐ効果も期待できます。

コーティング剤を使用することでまつエクの持ちが良くなった、と実感できている方もいるようですので、まつエクをつけている方はコーティング剤の使用を検討してみてはいかがでしょうか。
まつエクを長持ちさせることができればメンテナンスやリペアの回数を減らし、施術にかかるコストを節約できる可能性もあります。

自まつ毛へのストレスを軽減できる

コーティング剤には、自まつ毛へのストレスを軽減する効果も期待できます。

上述のようにまつエクには、日々さまざまな負担がかかっています。まつエクは自まつ毛に直接くっつけているものですので、まつエクに負担がかかるということは、自まつ毛に負担がかかるということでもあるのです。
そして、自まつ毛に負担がかかると、まつ毛が抜けやすくなったり、まつ毛が細くなったり、まつエクの持ちが悪くなったり…といった現象が起こる可能性があります。

この点、コーティング剤にはまつエクにかかる負担を軽減する効果があるため、これを接着している自まつ毛を守る効果も期待できるのです。

まつ毛のコーティング剤の選び方

まつ毛のコーティング剤には、いくつかの種類があります。そのため、コーティング剤を使いたいけれど何を選べばいいのかわからない方も多いのではないでしょうか。
そこでここからは、コーティング剤の選び方について詳しくみていきましょう。

コーティング剤の「色」をチェック

現在市販されているまつ毛のコーティング剤は、透明タイプのものと黒色タイプの2種類が主流となっています。

透明タイプのコーティング剤は、塗布量が多すぎたりムラになったりしてもわかりにくいため、初心者の方におすすめです。ただし、速乾タイプのものに関しては、多く塗りすぎた部分が白く残ってしまうことがあります。
そのため、コーティング剤を使い慣れていない方は速乾タイプ以外のものを使用するか、塗布した後に素早くコーミングすることをおすすめします。

これに対して、黒色タイプのコーティング剤には、マスカラと同じようにまつ毛を濃くボリューミーにみせたり、まつ毛に艶を与えたりする効果があります。そのため目元を華やかにしたい方にはこのタイプのコーティング剤がおすすめですが、まぶたに付いたりムラになったりすると目立つため、丁寧に塗布するようにしましょう。

コーティング剤の「粘度」をチェック

まつ毛のコーティング剤は、販売しているメーカーによってその「粘度」も異なります。粘度が高いもののほうがコーティング力は高いのですが、塗布量が多すぎるとダマになったり、まつ毛同士がくっついてしまったりすることがあります。
これに対して粘度が低いものは、ダマになりにくく扱いやすいため、初めてコーティング剤を使用するという方はサラサラとしたテクスチャーのものを選ぶといいかもしれません。

ブラシの形状もチェックしておこう

まつ毛のコーティング剤は、その形状によってマスカラタイプと筆タイプの2種類に分けることができます。

マスカラタイプのコーティング剤は、一般的なマスカラと同じ形状をしていますので、普段まつ毛メイクをするのと同じ要領で使うことができます。ただしまつ毛の生え際については、少し塗りにくいかもしれません。
これに対して、筆タイプのコーティング剤は、細かい部分までしっかり塗ることができます。

まつエクを長持ちさせる、ということを考えればエクステの接着面である根元部分を保護することが大切ですので、ブラシの形状に関しては筆タイプの方に軍配が上がりそうです。
とはいえコーティング剤は使い続けることが大切ですので、まずは、自分が使いやすいタイプのものを選ぶことをおすすめします。

まつ毛のコーティング剤の正しい使い方

まつエクを長持ちさせたり、自まつ毛を保護したりする効果が期待できる、コーティング剤。具体的に、どのように使えばいいのでしょうか。最後は、まつ毛のコーティング剤の使い方やその頻度、タイミングについてみてみましょう。

マスカラと同じように丁寧に塗布しよう

コーティング剤、以下のような手順で使用します。

(1)洗顔をして、まつ毛についている油分や汚れを落とす。
(2)コーミングをして、まつ毛の流れを整える。
(3)まつ毛の水分をしっかり除去する。
(4)コーティング剤の容器のフチでしごき、ブラシについている余分な液を落とす。
(5)目を閉じ、まつ毛の生え際(まつエクの接着部分)にコーティング剤を塗る。
(6)目を開け、マスカラを塗るときと同じ要領で、まつ毛の根元から毛先に向かってコーティング剤を塗る。
(7)軽くコーミングして仕上げる。

まつ毛美容液を併用する場合は、コーティング剤の前に塗りましょう。またコーティング剤が剥がれる原因になるため、目元のケアについても事前に済ませておくことをおすすめします。

 

コーティング剤を使うタイミングと頻度

まつ毛のコーティング剤を使うタイミングについてですが、これといった決まりはありません。黒色タイプのものはお出かけするときに、透明タイプのものは自宅にいるときに、というように使い分けてもいいですし、朝の洗顔後、夜の入浴後に使ってもいいでしょう。

また、コーティング剤を使用する頻度は、朝・晩の1日2回、という方が多いようです。

 

コーティング剤でまつ毛を優しく保護

・まつ毛のコーティング剤には、まつ毛を守る効果がある。
・コーティング剤を使うことで、まつエクを長持ちさせる効果が期待できる。
・コーティング剤は、色や粘度、ブラシの形状を見て選ぶ。
・コーティング剤は、まつ毛の根元から丁寧に塗っていく。

まつ毛のコーティング剤には、まつエクを長持ちさせたり、自まつ毛を守ったりと、さまざまな効果が期待できます。今までコーティング剤を使ったことがないという方は、一度試してみてはいかがでしょうか。

ランキング