TOPへ戻る

上まつ毛が下向きで目が痛い!逆さまつげの対処法とは?

目元の印象が地味になりがちな下向きのまつげ。それだけではなく、下向きに生えたまつげが眼球に当たって、ゴロゴロしたり、充血したりと、不快に感じることがあります。不快感が生じるほど下を向いたまつげは「逆さまつげ」と呼ばれ、程度によっては病院での治療が必要なことも。下向きまつげの自分でできる対処法や、医療機関での治療法をみていきましょう。

 

下向きまつげが目に当たる…逆さまつげとは?

逆まつげ(逆さまつげ)とは、まつげが内側を向き、眼球に触れる状態をいいます。

逆まつげは下まつげがなるというイメージが強い方もいるでしょう。しかし、逆まつげは、上下どちらのまつげでも起こる可能性があります。上のまつげが極端に下向きに生えていて眼に入ってしまうような場合も、「逆まつげ」と呼ぶのです。

逆まつげは大きく「睫毛乱生(しょうもうらんせい)」と「眼瞼内反(がんけんないはん)」の2種類に分けられます。

・睫毛乱生:まつげが眼球に向かって生えている状態です。毛根周辺で炎症がおこることなどにより、まつげが不規則な方向に生えるようになることで起こります。

・眼瞼内反:まぶたの縁が内側に向かってめくれた状態です。幼児によく見られる先天性のものと、老化などでまぶたの皮膚がたるんで起こるものがあります。

 

逆さまつげの症状

逆まつげになると、まつげが角膜や結膜に触れる刺激によってチクチク痛んだり、充血、涙や目ヤニの増加といった症状が起こります。また、角膜が傷つくことで、視力低下を引き起こした例もあるようです。

眼の症状以外にも、まつげエクステやマスカラなどが使えなかったり、目元がパッチリとした印象にならなかったりといった弊害もあります。

 

自分でできる下向きまつげの対処法

逆まつげと呼ぶほどではないけれど下向きぎみのまつげが気になる場合や、逆まつげでも本数が少ない場合などは、自分でできる対処法を試してみましょう。

ビューラーでまつげを上げる

手軽に毎日できるのは、ビューラーを使ってまつげが上向きになるように型をつける方法です。上まぶたを指で少し上げ、ビューラーでまつげを挟んでクセ付けをします。

メリット

・ビューラーは持ち歩けるため、気になったときにいつでもできる

デメリット

・時間がたてばカールが落ちてしまう
・まつげにダメージを与えることがある

 

まつげパーマをかける

まつ毛パーマでまつげをカールさせる方法もあります。1度かけると、1カ月程度はカールがキープされます。

メリット

・効果が長期間持続する

デメリット

・施術費用がかかる

 

自分で下向きまつげや逆まつげに対処するときには、並行してまつげ美容液を使ったケアをするのがおすすめ。まつげに栄養を与えてあげることで、ビューラーで付けたカールを長持ちさせたり、まつげパーマのダメージを軽減することができます。

さらに、まつげにハリ・コシやボリュームを出す効果が期待できるため、地味に見えがちな下向きまつげの目元も印象的になるかもしれませんよ。

 

気になるときには受診を!逆まつげの治療法

逆さまつげによる痛みや違和感の症状が強い場合は、外科的な治療が必要となります。治療は眼科や形成外科(美容形成外科)で受けられるため、気になる症状がある場合には、いずれかを受診して相談するとよいでしょう。

逆まつげの主な治療法は3つあります。

(1)レーザー脱毛手術

睫毛乱生の症状に対して、レーザー脱毛を施す手術です。痛みをともない逆まつげが再発することもあるために、あまり勧めない病院もあるようです。

 

(2)切らない「埋没式」二重形成手術

糸でまぶたの皮膚を2~3箇所縫い留めてまぶたを引き上げる方法。局所麻酔を用いるため痛みはほとんどないとされ、日帰りでの処置が可能です。

まぶたを切開する手術方法と比べると、まつげを前向きにする効果は劣ります。手術後に内出血することがありますが、長くても2週間ほどで腫れは引くといわれています。また、まれに針穴ほどの傷跡が残る場合があるようです。

 

(3)皮膚切開による二重形成手術

上まぶたの中にある瞼板という硬い組織に皮膚を縫い留め、まつげの向きを矯正する方法です。逆まつげの症状が重い場合や、まつげをしっかりと前に向けたい場合に適しています。

局所麻酔を用いるため痛みはほとんどないといわれています。傷跡は1~2カ月程度でほとんど目立たなくなるようです。

 

逆まつげの手術には保険が適用されます。ただし、自由診療での対応となる医療機関もあるため、費用などについては事前にしっかりと確認してください。また、二重形成手術による治療を行うと、術後には二重まぶたになります。見た目の変化がともなうことは頭においておきましょう。

 

まとめ

・極端にまつげが下向きで眼に不快感をもたらす場合は「逆まつげ」

・下向きのまつげや逆まつげに自分で対処するならビューラーやまつげパーマが活用できる

・ビューラーやまつげパーマと並行して、まつげ美容液でケアするとよい

・逆まつげは眼科や形成外科で治療可能

・「レーザー脱毛」や「切らない二重形成手術」、「切開による二重形成手術」などの方法がある

 

まつげが下向きで悩んでいる方は、状態に合わせて、セルフケアや医療機関の受診を検討しましょう!

ランキング