まつげの正しい基礎知識を身につける|まつげ美容液ランキング【ふさふさまつげ】(*☌ᴗ☌)

TOPへ戻る

まつげの基礎知識

ふさふさまつげでは、まつげ美容液の情報をご紹介しています。まつげについて勉強して、お手入れに役立てましょう。

まつげのこと
何も知らないの?!

なにもしていないのに、まつげエクステと間違われるようなまつげは女性の憧れです。
長くて濃くてカールしたまつげに憧れる女性たちが、毎朝入念にアイメイクをしたり、まつげパーマやまつげエクステの施術を受けに行ったりします。

それだけ女性にとっては興味がある事柄なのに、意外と知られていないのはまつげのお手入れ方法かもしれません。なりたい目元に近付くなら、アイメイクにかける時間を長くするよりも、自まつげのお手入れに時間をかける必要があるでしょう。

ここでは、まつげ美容液を使う際に知っておきたい、まつげの情報についてご紹介しています。まつげのことを詳しく知ると、正しいお手入れ方法が見えてきます。まつげの仕組みを詳しく知り、今後のお手入れに活かしていきましょう。

まつげの毛周期

まつげの毛周期

髪の毛に毛周期があるように、まつげにも毛周期があります。
まつげも髪と同じように、成長期、退行期、休止期のサイクルをたどっていきますが、一連の流れを終えるまでの期間には差があります。髪は約3年~5年で寿命を迎えるといわれていますが、まつげの場合はそれよりもっと早いペースでサイクルを繰り返します。
まつげが生え変わるスピードには個人差がありますが、長くても半年程度のペースとなっています。次のまつげが健やかに生えてくるように、まつげのお手入れは専用の美容液を使って根元からしっかりと行なうべきなのです。

まつげ美容液も、その名称から「まつげに塗って使うもの」というイメージがあるかもしれません。しかしまつげ美容液はまつげだけでなく根元にも塗って使います。根元に塗っても目に入らないように、液体にも粘度がありますので、目に使っても安心な仕様になっています。
まつげの寿命をまっとうするために、まつげのお手入れを欠かさないようにしましょう。

まつげの毛周期を詳しく見る

まつげが少ない人

まつげが少ない人

ヒトの体には、さまざまな場所に毛が生えています。
毛は刺激から皮膚を守る働きをしていますが、まつげはホコリなどから目を守るフィルターのような役割をしています。
目元が刺激に敏感なのも、ホコリなどが目に入って眼球を傷つけないようにするためだと考えられています。

まつげも体毛の一種なので、髪にいいといわれることは、だいたいまつげにもいいのです。
例えば、タンパク質と亜鉛を摂取すると育毛に効果が期待できるといわれていますが、それと同じことがまつげにもいえます。その他にも、ストレスをためない生活や、紫外線をできるだけ浴びない生活が髪にいいといわれていますが、まつげもやはりストレスや紫外線には弱いのです。

髪のお手入れにはヘアケア剤や育毛剤を使用するように、まつげのお手入れには専用のまつげケア用品を使いましょう。まつげ用の育毛剤も市販されていますが、どちらかといえばまつげ美容液の方が女性でも買い求めやすいかもしれません。まつげを増やすというよりも、日頃からきちんとお手入れをして、必要以上に減らさない努力をしましょう。

まつげが少ない人を詳しく見る

まつげが短い人

まつげが短い人

まつげの長さは人によって違いますが、8mmくらいまで成長するといわれています。
まつげは成長する時期と、成長が止まる時期がありますが、成長が止まった状態で5mm以下の長さであれば、平均で見ると短い方だといえるでしょう。
まつげは髪と違い、放っておけばいくらでも伸びるというわけではありません。まつげが伸びる時期は、毛周期の中でも限られた期間ですので、できるだけ成長を邪魔しないような環境を整えてあげるのがまつげを伸ばすためには必要な要素だといえます。

まつげ美容液にもいくつかの種類がありますが、中でも一般的なのは植物の力で毛の成長を促す「植物系」の美容液です。まつげが伸びる方法として、「少し切ると伸びる」というウワサなどもささやかれていますが、これはあくまでも迷信です。
そのため、まつげの美容を気遣うのであれば、正しいお手入れ方法を知ってきちんとケアをする必要があります。

まつげが短い人を詳しく見る

まつげの役割

まつげの役割

まつげは、「目を大きく見せる」、「目元を明るく見せる」など、華やかな目元を演出する役割を担っています。
しかし、まつげの役割とは美に関するものだけではありません。他にも、目にゴミが入らないようにしたり、目の水分が奪われることを防いだりと、「目の健康を守る」という役割も担っているのです。これにより、人間は目の健康を保つことができます。
なお、人によってまつげの力を十分に発揮できる方とそうでない方がいます。なぜなら、まつげの長さによって目の保護力が異なるからです。長いまつげの場合、短いまつげよりも保護力が優れているので、外敵から目をしっかり保護することができます。ちなみに、適切な長さの場合、目の水分蒸発量を50%もカットできるといわれています。
また、まつげの幅も目の保護力に関係しており、最適な幅は目の幅の1/3程度とされています。よって、目の健康を考えるなら、この点もしっかり意識しておくのが望ましいでしょう。
このように、まつげは美容面のみならず、健康面においても良い影響をもたらしてくれます。そのため、メイクなどでオシャレを楽しみつつ、まつげの力を最大限に発揮できるよう考えてみることも大切です。

まつげの役割を詳しく見る

まつげの病気

まつげの病気

女性にとって大切なパーツのひとつである「まつげ」は、アイメイクにおいても重要な役割を果たしています。
そんなまつげに関する病気があることをご存知でしょうか。それは「逆さまつげ」です。なお、これは「角膜炎(かくまくえん)」や「角膜潰瘍(かくまくかいよう)」などといった病気を引き起こす可能性があるため、早急に処置が必要な病気だといえます。
また、逆さまつげを放っておくと、目の痛みや違和感、充血や大量の涙がといった症状が現れます。さらに、視力が急激に低下する可能性もあるといわれています。
そんな逆さまつげの手術方法として挙げられるのが、「睫毛乱生(しょうもうらんせい)」や「眼瞼内反(がんけんないはん)」など。なかには自分でまつげを抜いてしまう方もいますが、これは一時的な改善であり、むしろまつげに負担をかける可能性があります。よって、手術を受けるのが適切といえます。
また手術以外にも、美容整形のひとつでもある「埋没法」で、上まぶたの逆さまつげを改善できるケースもあります。自分に適した治療法を探してみましょう。

まつげの病気を詳しく見る

まつげが抜けるのはどうして?その原因と対策について徹底解説します!

まつげが抜けるのはどうして?その原因と対策について徹底解説します!

まつげが抜けるのはどうして?その原因と対策について徹底解説します!を詳しく見る

どうすればまつげが伸びるの?おすすめの方法について紹介します!

どうすればまつげが伸びるの?おすすめの方法について紹介します!

どうすればまつげが伸びるの?おすすめの方法について紹介します!を詳しく見る

睫毛反射って何?まつげやまばたきの役目について知ろう!

睫毛反射って何?まつげやまばたきの役目について知ろう!

睫毛反射って何?まつげやまばたきの役目について知ろう!を詳しく見る

まつげ美容液で失明するってホント?安全に使うにはどうすればいい?

まつげ美容液で失明するってホント?安全に使うにはどうすればいい?

まつげ美容液で失明するってホント?安全に使うにはどうすればいい?を詳しく見る

まつげ美容液は日中も塗る?昼間のまつげケアについて知ろう!

まつげ美容液は日中も塗る?昼間のまつげケアについて知ろう!

まつげ美容液は日中も塗る?昼間のまつげケアについて知ろう!を詳しく見る

まつげ美容液で美まつげに!学校でかわいいって言われる+1ステップ

まつげ美容液で美まつげに!学校でかわいいって言われる+1ステップ

まつげ美容液で美まつげに!学校でかわいいって言われる+1ステップを詳しく見る

まつげ美容液で“めばちこ”ができた!?原因と予防法は?

まつげ美容液で“めばちこ”ができた!?原因と予防法は?

まつげ美容液で“めばちこ”ができた!?原因と予防法は?を詳しく見る

副作用の危険性あり!?妊婦さんが使ってはいけないまつげ美容液とは

副作用の危険性あり!?妊婦さんが使ってはいけないまつげ美容液とは

副作用の危険性あり!?妊婦さんが使ってはいけないまつげ美容液とはを詳しく見る

まつ毛が白髪になった!?染められる?改善策は?

まつ毛が白髪になった!?染められる?改善策は?

まつ毛が白髪になった!?染められる?改善策は?を詳しく見る

まつ毛が上がらない!そんな悩みを解決するための方法とは?

まつ毛が上がらない!そんな悩みを解決するための方法とは?

まつ毛が上がらない!そんな悩みを解決するための方法とは?を詳しく見る

まつ毛を増やしたい方必見!まつ毛の植毛について徹底解説

まつ毛を増やしたい方必見!まつ毛の植毛について徹底解説

まつ毛を増やしたい方必見!まつ毛の植毛について徹底解説を詳しく見る

ランキング